創業680年の伝統「八丁味噌」のふるさとを訪ねてみた。

ふとしたことから興味がわいた、愛知県の名産「八丁味噌」。知っているようで実はほとんど知らなかった味噌の世界を取材したら、驚くことの連続でした。

ライター:まるまる
メインビジュアル:創業680年の伝統「八丁味噌」のふるさとを訪ねてみた。

味噌についての誤解。大豆だけで作る味噌は実は少数派だった。

ある日、愛知県出身の同僚の女性と「名古屋めしはうまい」という話をしていて、味噌煮込みうどん、味噌カツと話題が進んで、私(関東出身)がなにげなく、名古屋の味噌って甘いよね、と言ってしまったんですね。

「え? 別に甘くないですけど」

と、なんだか怪訝そうな顔に。だって味噌カツにかかってる味噌とかすごく甘いじゃん。

「いや、あれは味噌に砂糖を混ぜてるだけです。名古屋というか愛知の味噌自体はかなり塩辛いですよ」

なんだか失笑されてしまいました。じゃあ家にある普通の味噌はどんな味噌なの?

「普通に家にある味噌は赤味噌です。固くて味が濃くて、少し苦くて塩辛い。みそ汁はそれで作ります。豆味噌ともいいますね。岡崎のほうで作っている八丁味噌もそのひとつだと思います」

八丁味噌! 聞いたことがあります。赤味噌、豆味噌、八丁味噌。愛知県の味噌は、関東の家庭でよく使われる信州味噌とどう違うのでしょうか。そもそも、味噌のことを知ってるつもりでも実はほとんどわかってないなあと思って、ネットでちょっと調べてみました。

知っているようで知らなかったのは、味噌というものの原料でした。味噌は大豆からできるんでしょ? と漠然と思っていましたが、本当のところ味噌は、たいてい大豆と米を混ぜて作るとのこと。米が入るにしても少しなんだよね? と思ったけどさにあらず。大豆と米の割合は信州味噌ならおよそ1対1.2とむしろ米のほうが多め。京都の西京味噌になると1:2〜3とかなり米が優勢です。米が多くなるほど、味噌は甘さが増します。

日本の味噌のなかで異彩を放っているのが、中京地区の味噌でした。中京地区の豆味噌または赤味噌(この二つは同じものを指す)と言われる味噌は、大豆と米の割合は1:0。大豆と水と塩だけが原料です。純粋にメイド・フロム・大豆な豆味噌は、日本の味噌のなかでも孤高の存在らしいのです。
 

長い長い歴史のなかで同じ町だけで作ってきた「八丁味噌」。

そして八丁味噌です。有名なこの名前の味噌について調べてみると、こんな感じでした。

【八丁味噌】豆味噌のうち、現在の愛知県岡崎市八帖町にて生産されてきたものを指す。(Wikipedia)

なんと。ずっとひとつの町名のところだけで作ってきた味噌だというのです。神秘的な響きですね。八帖町ってどこだろうと地図を見てみました。
愛知県の・・・

愛知県の・・・

 

岡崎市がここで

岡崎市がここで

 

このあたりが八帖町。
このあたりが八帖町。だいたい日比谷園の半分くらいの面積ですね。本当にここだけで作っている味噌なのでしょうか。ハンパない限定感です。これはぜひこの目で見てみたいものです。というわけで八丁味噌のふるさと「八帖町」がある愛知県岡崎市に行ってみることにしました。
 
名鉄の岡崎公園前駅を降りると、ゆるキャラ「オカザえもん」がお出迎え
名鉄の岡崎公園前駅を降りると、ゆるキャラ「オカザえもん」がお出迎えしてくれました。オカザえもんは岡崎市としては非公認キャラのようです。公認しにくいのは見た感じでだいたい分かりますが、それが駅前に堂々といるあたり、岡崎の懐の広さを感じさせます。

 
駅から徒歩3分。取材に快くOKいただいた株式会社まるや八丁味噌さん
駅から徒歩3分。取材に快くOKいただいた株式会社まるや八丁味噌さんにやってきました。住所は岡崎市八帖町往還通52番地、岡崎城から八ブロック行った所というのが地名の由来とのこと。まさに八丁味噌のふるさとです。その蔵の外観はさすが老舗という風格があり、玄関からして長い歴史を感じます。NHKの朝ドラ「純情きらり」のロケ地というプレートもありました。宮崎あおい演ずる主人公が、がんばってたヤツですね。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!