いつもの家飲みを「ホームパーティー」にする4つのコツとは?

インスタ映え流行りの影響もあり、ホームパーティーをする人が増加中あるデータでは4割以上が月に1回はホームパーティーに参加しているとか。確かに1人で飲むのもいいけど、みんなで飲むから楽しい!という時もありますよねとはいえ、やったことがない人にとっては「どんな誘い方をしたらいいのか分からない」「準備や片づけが面倒…」とハードルが高いイメージもあるようです。でも、イマドキのホームパーティーはもっと気軽でラフなものになっています。ホームパーティー研究家の高橋ひでつうさんに、気楽にできるイマドキスタイルをお聞きしました。

ライター:nonnon
メインビジュアル:いつもの家飲みを「ホームパーティー」にする4つのコツとは?

この方にお聞きしました!

高橋ひでつうさん

ホームパーティー研究家  一般社団法人日本ホームパーティー協会会長 ホームパーティーに関わる執筆、講演や企業との商品開発、ホームパーティー検定®の運営や、テレビ・雑誌などのメディア出演などを通して、ホームパーティーを普及させる為に活動中。 日本ホームパーティー協会:https://hpaj.org/ Instagram:https://www.instagram.com/hpajapan/

高橋ひでつうさん

テーマはどうやって決めたらいい?

テーマはどうやって決めたらいい?
ホームパーティーをやったことがない人にとって「テーマ」をどうすればいいのかも悩みのタネ。わざわざ人を招くにはそれなりの理由がないと…と思ってしまいますが、高橋さんによれば、テーマはどんなことでもいいのだとか。

ひでつう:誕生日や引っ越し祝い、忘年会などの定番イベントはもちろんですが、基本的にはどんなことでもいいんです。これからなら「サッカーのワールドカップを観よう!」とか、スポーツ観戦も盛り上がります。季節ものなら「梅雨明け記念」「七夕」とか。他に「珍しい食材をもらった」「お取り寄せで食材が大量にある」「新しい家電を買った」とか。どんなことでもテーマになります。特別なことほど相手も構えてしまいますから、ちょっとくだらないくらいがちょうどいいんです。でも、単なる「集まって飲もう」では面白味がありません。テーマがあったほうが話題も広がり、盛り上がります。

決まったメンバーで集まることが多いなら、“ゲスト”を1人呼んでみるだけでも変化がでて盛り上がるそうです。例えば「○○さんのカレーを食べる会」など、料理自慢の人がいればそれだけでイベント性が高まります。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!