旬到来! 枝豆とビールの根拠ある合わせ方を真剣に考えてみた

枝豆とビールという、定番中の定番の組み合わせ。それがどうして生まれたかどうかはさておき、日本でも楽しめるようになったさまざまな特徴を持つビールとの合わせ方を、ビールと料理の組み合わせのプロ「ビアコーディネイター」セミナーの講師である筆者が観察してみた。

ライター:長谷川小二郎長谷川小二郎
メインビジュアル:旬到来! 枝豆とビールの根拠ある合わせ方を真剣に考えてみた

5段階の★でおすすめ度を紹介します

枝豆、それは、ここ日本ではビールとともに提供されるのがあまりにもありふれている食べ物だ。さらに居酒屋のお通しとしてもありふれているし、筆者は学生時代、飲み代を安く上げようと思って食べ物は枝豆だけをひたすら注文するということもしたことがある。

旬は6月から9月なので、今まさに食べごろがやって来たということだ。まさに夏が中心で、冷やしたビールと一緒にぜひ味わいたいものだが、季語としては秋。十五夜の月見に供えることから「月見豆」と呼ばれるようにもなった。十五夜は旧暦の8月15日に当たり、現在の暦では2018年は9月24日になる。旧暦で8月は秋、さらにその中でも3分割中の2番目の仲秋に当たる(7月は孟秋、9月は季秋)。だから十五夜は「仲秋の名月」と呼ばれるし、季語は旧暦に則るので、そのときに供えられる枝豆は秋の季語になるというわけだ。

だから、現代的感覚でもって、夏にふさわしい軽めのピルスナーと合わせるのも、もちろんいい。しかしそれを「もはや文化と言えるほど定着した組み合わせ」として検証しないままにしておかず、さまざまなスタイルの銘柄を合わせてみよう。そこで、大昔から培ってきたそのときどきの季節を愛でる感覚でこの食べ物を秋のものととらえ、「味覚の秋」の精神でもって、さまざまなビールと合わせみた。コンビニエンスストアやチェーン展開している高級スーパーなどで入手しやすい銘柄を選んだつもりだ。そして0から4個の星の数という5段階で、おすすめの程度も示した。
星なし あえて試す必要はないだろう

★ そのビールの銘柄が好きなら試す価値あり

★★ 美味しさか変化具合のどちらかが優れている

★★★ 美味しさと変化具合ともに優れている

★★★★ 美味しさ、変化具合ともに最高
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3