全国燗酒コンテスト2018入賞酒が決まりました

『さけ通信』は「元気に飲む! 愉快に遊ぶ酒マガジン」です。お酒が大好きなあなたに、酒のレパートリーを広げる遊び方、ホームパーティを盛りあげるひと工夫、出かけたくなる酒スポット、体にやさしいお酒との付き合い方などをお伝えしていきます。発行するのは酒文化研究所(1991年創業)。ハッピーなお酒のあり方を発信し続ける、独立の民間の酒専門の研究所です。

メインビジュアル:全国燗酒コンテスト2018入賞酒が決まりました
さけ通信
今年で10回目を迎えた全国燗酒コンテスト2018は7月25日に審査会を開催しました。全国の251の蔵元が選りすぐって出品したお酒は4部門合わせて838点にのぼりました。このなかから選出されたのは最高金賞43点(入賞率5.1%)、金賞219点(入賞率26.1%)です。

 

真夏の燗酒審査会

例年、7月末、気温35度を超える猛暑日になる全国燗酒コンテストの審査会。今年はこれまで以上に厳しい暑さのなかで開催されました。まさに真夏の燗酒です。 審査員は38名で酒造技術の専門家をチームリーダーとして、5~6人一組で7チームで手分けして審査しました。
5~6人一組で7チームで手分けして審査
審査は商品名がわからないようにすべて瓶に袋を被せてマスキングします。スタッフが審査温度(ぬる燗は45℃、熱燗は55℃)に加温してきき猪口に移し、審査員に配布します。加温は錫のチロリで2合ずつ、酒燗器で温度計を睨みながら湯煎します。
商品名がわからないようにすべて瓶に袋を被せてマスキング
スタッフが審査温度(ぬる燗は45℃、熱燗は55℃)に加温してきき猪口に移す
加温は錫のチロリで2合ずつ、酒燗器で温度計を睨みながら湯煎
審査員のテーブルに3点ずつ出品酒が出され、外観、香り、味を見て5段階で評価します。良くも悪くも評価したポイントをコメントするまでかかる時間は、1点当たりおよそ1分。このペースで1チーム約120点を審査しました。
審査するお酒がわからなくならないように、毎回、チロリときき猪口に審査番号のシールを貼ります。
審査員のテーブルに3点ずつ出品酒が出されます
審査するお酒がわからなくならないように、審査番号のシールを貼ります

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!