酒飲みが選ぶ「平成 酒の10大ニュース」

ハイボールブームに獺祭ブーム…30年間のお酒のトピックを振り返ります。

メインビジュアル:酒飲みが選ぶ「平成 酒の10大ニュース」
30年続いた「平成」もあと半年で幕を降ろします。そこで酒文化研究所のモニター(酒好きで「ほとんど毎日酒を飲む」という一般の方)に、平成 酒の十大ニュースを選んでもらいました。 

こちらで候補をあげて、モニターの皆さんに十大ニュースを選んでもらう方法でピックアップしたのがこの表です。 50代以上の方には平成初期の日本酒の級別廃止や特級ウイスキーの大減税が懐かしいのではないでしょうか。かつてはビールだけ、発泡酒規格や新ジャンルの区分はありませんでした。家庭用では新ジャンルが過半数を占めるようになった今、隔世の感があります。ポリフェノールの健康効果で赤ワインが爆発的に売れた後には、日本酒の美肌効果が注目されたり、本格焼酎が血栓を溶かすと話題になったりしたことも記憶に新しいことです。

平成 酒の10大ニュース
平成 酒の10大ニュース

では、トップの日本酒の級別廃止から順に見て行きましょう。
 

第1位:酒税改正で日本酒の級別廃止

昭和15年に誕生した日本酒の級別審査制度は、高級品には高い酒税が課せられました。昭和50年代に入り高品質酒も審査を受けずに税額の低い2級で発売する動きが顕著になり、ついに半世紀続いた級別制度は平成4年に廃止になりました。

その後は吟醸や純米など製法・原料で区分した特定名称酒の表示が一般的となります。情報が開示されて品質の透明性が増す反面で、専門用語が多く並ぶようになり一般の人にはわかりにくくなったという意見もあります。
酒税改正で日本酒の級別廃止
品質は特級・1級並でも級別審査を受けなければ、税金の安い2級で販売できた。そこで節税分を品質向上の原資にすると謳った「無鑑査2級」や「無冠帝」などの商品が続々と登場。消費者の人気を博し、級別制度が見直されることになった
お酒のしんぶん
級別廃止をとりあげた『お酒のしんぶん』(酒文化研究所刊)。これは酒販店が購入し、お客さまに無料で配布するフリーマガジン。商品知識を伝達し酒の楽しみ方を広げる狙いがあった

第2位:第3のビールが急拡大 第9位:発泡酒『ホップス』新発売

バブル崩壊後、内外価格差の是正が叫ばれ、安価な輸入ビールが人気を博すなかで、平成6年に麦芽使用比率を下げた発泡酒の『サントリーホップス』が登場します。大ヒットを受けてサッポロビールが『ドラフティ』で追随、満を持してキリンが『淡麗生』出すと、ついにアサヒビールも『アサヒ本生』を投入して、発泡酒は一気に激戦市場になりました。

その10年後、平成16年以降はさらに酒税額の低い新ジャンルビール風飲料が登場します。サッポロビールの『ドラフトワン』はえんどう豆タンパクを使ったビール風飲料で、「第3のビール」という言葉を生みました。ビール各社が次々に参入するなかトップブランドになったのはキリン『のどごし生』です。タレントのぐっさんがメッセンジャーで登場したCMを覚えている方が多いのではないでしょうか。そして現在ではビール市場は半分が発泡酒・新ジャンル商品となっています。
角ハイボール
量販店の酒売場は割安な新ジャンルのビールが山積みされた

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!