歩いて楽しむ酒③~コニャック―極上のブランデー産地(仏)~

世界三大コニャック・メゾン、マーテル社と小さな蒸溜所ギィ・ピナールの見学記。

メインビジュアル:歩いて楽しむ酒③~コニャック―極上のブランデー産地(仏)~
高級ブランデーの代名詞「コニャック」は産地名でもあります。ワインの名産地ボルドーから北へ120kmほど、車でおよそ2時間です。ボルドーからはコニャックの蒸溜所を巡る日帰りバスツアーも出ているので、ワインの旅に組み込んでみてはいかがでしょうか。
 

歩いて回れるコニャック・メゾン

コニャックの人口は2万人ほど、百年戦争では英仏で領有を争った要塞都市でもあり、石造りの古い街並みが残っていました。中心部を流れるのはかつて酒を船で運び出したシャラント川です。川沿いにある「ヘネシー」の蒸溜所は、一八世紀の工場を公開しています。「マーテル」や「レミー・マルタン」の本社も近く、世界三大コニャック・メゾンを徒歩で回ることができます。いずれも見学プログラムを用意していますが、今回はマーテル社を見学してみました。
コニャックはシャラント川の水運を利用して出荷された
コニャックはシャラント川の水運を利用して出荷された
町ではコニャック・メゾンへの案内があちこちにある
町ではコニャック・メゾンへの案内があちこちにある
少々武骨な印象のマーテルの本社
少々武骨な印象のマーテルの本社

立派なゲストハウスに入ると、目に飛び込んできたのは高い天井まで壁一面にボトルが並んだテイスティングホールです。7~8mはあろうかというバーカウンターに、バーテンダーがひとり。工場をひと通り見学してここに戻りコニャックを試飲、お買い物をしてツアーが終わるという定番のプログラムです。ツアーは有料で、試飲するお酒のグレードと杯数に応じて料金が変わります。VSOP1杯を試飲するコースがもっともリーズナブルで12ユーロ(約1500円)でした。
中はお洒落なゲストハウス。広々としたロビーに素敵なバーカウンター
中はお洒落なゲストハウス。広々としたロビーに素敵なバーカウンター
見学ツアーの出発までロビーでくつろぐ。お土産物を物色する人も多い
見学ツアーの出発までロビーでくつろぐ。お土産物を物色する人も多い

見学は試飲も含めて70~90分かかり、仏語と英語のガイドが工場を案内します。1回20名ほどのユニットで、製造工程にしたがって進んでいきます。原料のブドウ品種や栽培適地は実物大の模型が用意され、蒸溜器の前ではニューメイク(熟成前の蒸溜液)の香りを試し、昔ながらの貯蔵タンクや樽が並ぶ熟成庫を抜けていきます。

雰囲気はウイスキーの蒸溜所とよく似ていますが、「コニャック」の原料はブドウであり、ワインと同様に原産地呼称制度によって品質が担保されています。コニャックと名乗ることができるのは、コニャック地方の決められたエリアで、さらにグランド・シャンパーニュ(スパークリングワインのシャンパン地域とは無関係)、ファン・ボアなど地域ごとに性格づけがされ、そこで栽培されたブドウを用いて、製法の厳格な規定を満たさなければなりません。この点が穀物である大麦を原料とするウイスキーとの大きな違いです。
コニャックはブドウが原料。見学コースには実物大のブドウ畑の模型がある
コニャックはブドウが原料。見学コースには実物大のブドウ畑の模型がある
ブランデー用のシャラント蒸溜器
ブランデー用のシャラント蒸溜器
コニャックを熟成させる樽貯蔵庫
コニャックを熟成させる樽貯蔵庫
味わいを大きく左右する樽へのこだわりは強い。樽づくりの工程をしっかり見せていた
味わいを大きく左右する樽へのこだわりは強い。樽づくりの工程をしっかり見せていた
味わいを大きく左右する樽へのこだわりは強い。樽づくりの工程をしっかり見せていた

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

「100%品種を当てられないワイン」現存最後のヴィンテージ 幻の白ワイン、待望入荷!残りわずか【お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!