自宅のハイボールが5倍美味しくなる作り方

自宅のハイボールがグンと美味しくなるコツをプロのバーテンダーに教えていただきました。

ライター:nonnon
メインビジュアル:自宅のハイボールが5倍美味しくなる作り方
今や「とりあえずハイボール」というほど定番のお酒となったハイボール。自宅で作る人も多いと思いますが、とりあえず、炭酸とウイスキーを混ぜればいんじゃない?と思っていませんか? 実は同じウイスキーを使っても作り方ひとつで本格的な味わいになります。その違いはどこにあるのか? 埼玉県草加市のバー「Scotch Bar John O’Groats(ジョン オグローツ)」のオーナーバーテンダーであり、ウイスキー文化研究所で「マスターオブウイスキー」として講師も勤められている、鈴木勝二さんにハイボールを美味しく作るコツをうかがいました。
 

ハイボールに合うウイスキーは?

ウイスキーボトル
ロック、水割り、ハイボールなどウイスキーの特徴によって飲み方を変えるのがツウといわれますが、ハイボールに最適な銘柄はあるのでしょうか?

「比較的どんなウイスキーでも大丈夫ですが、おすすめは個性が強いもの。ソーダを加えることでより香りや味の個性が際立ちます。スモーキーさが好きならラフロイグなどもおいしくいただけます。ハイボールは簡単そうに見えてとても難しいカクテル。ごまかしが効かないので作るときには気合が入ります」

今回は普段お店で作っている手順をベースに教えていただきました。ウイスキーは家飲みに使いやすい手ごろな価格の、IWハーパーを使いました。
 

まずはグラスを冷やす!

グラス
「グラスに氷と水を入れて軽くステアし、グラスが冷えたらその氷と溶けて出た水分は捨てます。グラスが冷えたら再び氷を入れますが、ポイントは大きさの揃ったものを使うこと。大小バラバラだと小さいものはすぐに溶けてしまい味が変わってしまいます。理想はブロックの氷を割って使うこと。難しい場合にはできるだけ大きめの氷を作るようにしてください」

コンビニなどで買う氷も注意が必要だそう。大きさが不揃いなので、使うときには同じ大きさのものを選ぶのがいいそうです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

おすすめのハイボールセットはこちら