〈物産館おつまみめぐり③〉「ひろしまブランドショップTAU」で聞いた、「我が県自慢の定番&絶品おつまみはコレ!」

広島の物産館で人気の定番おつまみや、知られざる絶品おつまみを聞いてきました。

ライター:nonnon
メインビジュアル:〈物産館おつまみめぐり③〉「ひろしまブランドショップTAU」で聞いた、「我が県自慢の定番&絶品おつまみはコレ!」
広島カープの優勝で盛り上がるなか、東京・銀座にある物産館も連日満員の人気だとか。そんな広島の物産館でつまみにするならコレ!という一品を調査。リピーターの多い定番品から、地元の人が愛するご当地グルメまで、広島名産のつまみを店長の村上さんに伺いました。
 

広島定番おつまみ3選

手前右・イカ天れもん味、手前左・牡蠣屋のオイル漬け、奥・麗ちゃん広島カープお好み焼き
手前右・イカ天れもん味、手前左・牡蠣屋のオイル漬け、奥・麗ちゃん広島カープお好み焼き


●イカ天瀬戸内れもん味 324円(税込)

村上:広島の名産である「れもん」を使った商品はいろいろありますが、これはダントツの人気です。おやつにもおつまみにも最適です。

試食してみました! 
パンチの効いたレモン味とイカの風味がマッチした「やみつき」系のスナック菓子。イカフライを食べているような感じもありビールが進むこと間違いなしの味。ファスナー付きで保存がしやすいのも○
 

●牡蠣屋のオイル漬け 1500円(税込)

村上:牡蠣を使った商品は数多く取り扱っていますが、なかでもオイル漬けは人気が高いですね。 こちらは宮島にある牡蠣料理専門店のもので、広島近海でとれた牡蠣だけを使って、宮島で製造、加工しています。  

試食してみました! 
ちょっと硬めの食感で濃厚な味。5粒で1500円とお値段高めなのでひとくちで食べてしまうのはもったいない気がして、ちびちびいただきました。残ったオイルはパンにつけたり、パスタのソースにしても良さそうです。  
 

●麗ちゃんカープお好み焼き 1000円(税込)

村上:広島焼きは地元の人も食べますが、自宅で作るよりも馴染みの店に食べに行くことが多いですね。この「麗ちゃん」も人気店のひとつ。一枚一枚お店で焼いている100%手づくりです。

試食してみました! 
キャベツも焼きそばもたっぷりでボリューミーです。付属のソースは地元ではおたふくと並ぶ人気だという「カープソース」、ややピリリとしたスパイシーな味がビールによく合います。

 

地味だけど間違いなし!オススメしたい絶品おつまみ3選

地元では有名だけど全国区ではない、「知られざる絶品つまみ」をセレクトしてもらいました。
右から・コリコリホルモンせんじ揚げ、若鳥の手羽先、子持ちこんにゃく
右から・コリコリホルモンせんじ揚げ、若鳥の手羽先、子持ちこんにゃく


●コリコリホルモンせんじ揚げ 432円(税込)

コリコリホルモンせんじ揚げ
村上:豚肉のホルモンをあげた「せんじ肉」は広島の人なら誰もが知っているおつまみの定番。アゴが疲れるほどのかみごたえですが、噛むほどの味わいが出てくるのでクセになります。

試食してみました!
噛みごたえがある…とは聞いていましたが、想像以上の力強さ。しかし、噛めば噛むほど肉のうまみが感じられるので、もうひとつ…と手が伸びます。くさみもないのでホルモン苦手という人でも食べやすいと思います。
 

●若鳥の手羽 127円(税込)

若鶏の手羽
村上:子供の頃に駄菓子で買って食べたなつかしい味。大人になった今は酒のつまみに最適だなと思います。温めなくてもこのままでも美味しく食べられます。

試食してみました
味はしっかりついていますが、タレ漬けされているタイプではないので手も汚れず、車内で食べるのにも良さそうです。ジャーキーのような硬めの歯ごたえですが、温めるとややふんわりします。
 

●子持ちこんにゃく 361円(税込)

子持ちこんにゃく
村上:個人的にかなり好きなつまみです。広島ではスーパーで普通に買えるものですが、ほかの地方ではないと知って驚きました。地元の人には定番の食材です。

試食してみました!
いわゆるこんにゃくとは違う、硬めの寒天のような食感。つぶつぶした魚卵がぎっしりで、プチプチ感がたまりません。和がらしやわさびをつけて食べると、ちょっと上品な味に変化するのも楽しいです。今回一番のヒット!


見た目は地味ですがどれも濃いめの味付けで、いくらでもお酒が飲めそうです。これぞ地元の味!というものにも出会えて新しい発見がありました。物産館に訪れた際にはみなさんもお気に入りの一品を見つけてみてください。

※記事の情報は2018年12月2日時点のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!