おでんに燗酒がおいしい理由〈燗酒ステーション「ご当地おでんに燗酒~両国駅で飲みましょう」その➀〉

寒い冬にもってこいな「おでんと燗酒」の組み合わせが最高な理由とは?

メインビジュアル:おでんに燗酒がおいしい理由〈燗酒ステーション「ご当地おでんに燗酒~両国駅で飲みましょう」その➀〉
1月に「燗酒ステーション『ご当地おでんに燗酒~両国駅で飲みましょう』」が開催されます。JR両国駅まぼろしの3番線ホームで全国燗酒コンテストの入賞酒を「ご当地おでんシリーズ」(紀文食品)とお楽しみいただくイベントです。詳細が固まり次第お知らせしますが、その前に今回は燗酒とおでんがおいしい理由をご説明します。
温まる、くつろぐ、なごむ燗酒は、料理の味わいを引き立てる最強の食中酒
温まる、くつろぐ、なごむ燗酒は、料理の味わいを引き立てる最強の食中酒

温めておいしい日本酒

寒い時には温かいだけでうれしい燗酒ですが、なかには燗をするとおいしさがグンと増すものがあります。なぜおいしさが増すのでしょうか? 専門家を集めてさまざまな日本酒を冷酒、常温、燗で飲み比べして、燗にしておいしくなった(その酒の良さが引き立った)と感じるものを選んでみました。多くの票を集めたのは、生酛系(山廃づくり含む)の酒と熟成した酒でした。これらの酒は乳酸、コハク酸、アミノ酸が豊富です。対照的なのはフレッシュでフルーティーに仕上げた吟醸酒です。このタイプの酒にはリンゴ酸が豊富で冷やすとさわやかさが際立ちます。

燗しておいしいとされた酒に多く含まれる乳酸、コハク酸、アミノ酸は、温めるとおいしいと感じる性質があり、反対に冷やすと渋く感じたり、重く感じたりします。一方、フレッシュでフルーティーな酒は温めると味の輪郭がぼやけて締まりがないと感じます。ここから一般的なセオリーとして、温めておいしい成分が豊富なものは燗で味わいが増し、冷やしておいしい成分が豊富なものは冷酒で冴えるということができます。
日本酒の引用適温の目安。例外は多く、吟醸酒でも熟成させたり、落ち着いた味わいを狙ったりしたものには、温めておいしい成分の多いものがある。また、生酛系でも軽やかに仕上げて冷やしてもおいしく飲めるものもある
日本酒の引用適温の目安。例外は多く、吟醸酒でも熟成させたり、落ち着いた味わいを狙ったりしたものには、温めておいしい成分の多いものがある。また、生酛系でも軽やかに仕上げて冷やしてもおいしく飲めるものもある

おいしく燗をつけるコツ

ところで皆さんは燗をつけたことがありますか?
イエノミで燗を楽しむには上手な燗のつけ方を知っておくとよいでしょう。と言ってもまったく難しくはありません。失敗するのは火加減を間違えて沸騰させてしまうことくらいで、ぬるければもう少し加熱すればいいですし、熱すぎたと思ったら好みの温度に醒めるのを待って、温度が下がるとともに変化する味を楽しめばいいのです。

沸騰させないためのコツは、湯煎するときに火を止めてから徳利を湯に漬けることです。もとの酒の温度や量、徳利の材質にもよりますが、1分30秒くらいで45℃前後になります。電子レンジを使う時には徳利の形に注意します。容器の細くなったところが高温になる背質があるので、首の細くなったところだけ熱くなってしまいます。寸胴の徳利を使ったり、箸を1本差して滞留させるようにしたりすると、部分的に熱くなる温度ムラはなくなります。燗した酒を別の徳利に移し替えて温度ムラをなくすのも手早くできます。
湯煎するときは鍋を火からおろしてから徳利を漬ける①。電子レンジで加熱したら別の徳利に移し替えて温度ムラをなくす②
湯煎するときは鍋を火からおろしてから徳利を漬ける①。電子レンジで加熱したら別の徳利に移し替えて温度ムラをなくす②
電子レンジでも寸胴な容器だと温度ムラはほとんどない。注ぎ口が細くなった徳利も対流がおきるよう箸を1本差すとよい
電子レンジでも寸胴な容器だと温度ムラはほとんどない。注ぎ口が細くなった徳利も対流がおきるよう箸を1本差すとよい
湯豆腐のようなシンプルな鍋の時は背の低い徳利を漬けて燗にすると楽しい
湯豆腐のようなシンプルな鍋の時は背の低い徳利を漬けて燗にすると楽しい
BBQならワイルドな直火燗もあり。肌寒い花見の時など燗酒がウケる
BBQならワイルドな直火燗もあり。肌寒い花見の時など燗酒がウケる

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

冬におすすめの家飲みセットはこちら