東海地方のすごいおでん〈燗酒ステーション「ご当地おでんに燗酒~両国駅で飲みましょう」その③〉

紀文の「ご当地おでん」シリーズmeets燗酒! 今回は静岡おでんと名古屋おでんをご紹介します。

メインビジュアル:東海地方のすごいおでん〈燗酒ステーション「ご当地おでんに燗酒~両国駅で飲みましょう」その③〉
燗酒ステーションでお召し上がりいただけるご当地おでんは5種類です。前回とりあげたオーソドックスな関東風の「紀文だし自慢おでん」、豚骨スープと白みそ仕立ての「鹿児島おでん」。それに今回ご紹介する「静岡風おでん」と「名古屋風 味噌煮込みおでん」、そしてこれまた名古屋風の「赤からおでん」です。
 

静岡おでんの5箇条

紀文食品によると静岡風おでんの特長は5つです。

1)黒はんぺんが入っている(関東では白いはんぺんが一般的)
2)黒いスープで煮込む(醤油仕立て)
3)おでんが串に刺してある
4)青のり・だし粉をかけて食べる
5)駄菓子屋で売っている


30年以上前に大学で知り合った静岡出身の友人は「東京は、はんぺんが白いのに一番びっくりした」と言っていましたが、静岡おでんの特長はなんといっても「黒はんぺん」でしょう。白はんぺんが魚の身だけでつくるのに対して、黒はんぺんは皮や骨もすり身にして使うらしいです。半月型で黒というよりも灰色の黒はんぺんは、つみれのような食感です。

もうひとつの特長はだし粉をふりかけて食べること。皿に具材だけとって、鰯の粉末であるだし粉と青のりの風味をちょい足ししていただきます。だし粉が苦手な方は、そのままいただきましょう。

紀文の「静岡風おでん」はこちら。レトルトパックから皿に具を盛り付けてみました。1パックにおでんダネは、大根、玉子、しらたき、黒はんぺん、ごぼう巻、豚もつ(2個)の6種7品、それにかやく粉がついています。
だし粉と青のりをかけると静岡気分が盛り上がってきます
だし粉と青のりをかけると静岡気分が盛り上がってきます
これが静岡名物の黒はんぺん。とは言うものの浜松は白はんぺんという噂も
これが静岡名物の黒はんぺん。とは言うものの浜松は白はんぺんという噂も

最高金賞はやっぱりうまい

今日、用意したお酒は全国燗酒コンテスト2018で、最高金賞を受賞した『人気一 燗酒スペシャル』(福島県二本松市・人気酒造)です。熟成感のある吟醸酒を、備前の徳利で熱めに燗して(たぶん55℃くらい)いただきました。コンテストではぬる燗(40~43℃)で審査しましたが、熱燗でもとてもおいしいです。ふわっと立ちのぼる吟香にキャラメルのようなニュアンスがかすかに混じります。口中に柔らかくうま味が広がって、酸が舌の脇の方をキュッと支えてくれる感じが何とも心地よい。838点の出品酒のなかから、最高金賞に選ばれたのはわずか43点。酒の専門家が吟味した入賞酒は、どれを飲んでも間違いがないと確信しました。好みはあると思いますが、入賞酒にはおかしな酒はありません。

よくできた酒は、2合ほどを熱々の燗にして、少しずつ飲んで、徳利が空くころには燗冷ましになっているくらいのペースで飲むのが私の好み。いちばんいい温度帯はあると思いますが、ずっとその温度をキープしようがなく、味の変化をゆるく楽しむということで。
人気一 燗酒スペシャル
『人気一 燗酒スペシャル』。1500円まで出すと日本酒はとてもいいものがあると実感するひと品。
http://ninki.co.jp/scb/shop/shop.cgi?No=46
 

八丁味噌の風味が絶品。名古屋風味噌煮込みおでん

続いて「味噌煮込みおでん」です。温めた後、八丁味噌(http://www.hatcho.jp/1-1.html)を贅沢に使った仕上げ味噌を加えていただきます。八丁味噌は大豆と塩だけでつくった味噌で、大きな杉の樽でふた夏・ふた冬以上熟成させてつくります。岡崎城から八丁(約870m)離れた旧八丁村にある2社しか名乗れなかったことはよく知られています。適度な甘さと深いコクのある味わいは、おでんのうま味をぐっと引き立ててくれます。
赤黒いだし汁はいかにも濃厚そう
赤黒いだし汁はいかにも濃厚そう

具材は、大根、玉子、こんにゃく、焼きちくわ、角天、豚もつ(2個)の6種7品。どれも味噌だしが芯まで沁みて、燗酒にぴったり。こういう味わいのハーモニーは、うま味の酒である日本酒の真骨頂というべきでしょう。
 
大根はまさに「味噌が沁みてます」という感じ
大根はまさに「味噌が沁みてます」という感じ
角天はしこしこと独特の食感
角天はしこしこと独特の食感

そして、最後は「名古屋名物 赤からおでん」。唐辛子たっぷりのピリ辛で醤油と味噌で味を調えたおでんです。「赤から鍋」は名古屋発で全国化した鍋なのだとか。たっぷりの唐辛子は体を芯から温めてくれます。 寒さを楽しむ「燗酒ステーション」では一番人気になるかもしれませんね。
鶏だんご
燗酒ステーション「ご当地おでんで燗酒 両国駅で飲みましょう」はいよいよ1/17にスタートです。皆さまのお越しをお待ちいたします。
詳細はこちら。
http://www.kansake.jp/kansake_station/index.html

※記事の情報は2018年1月15日時点のものです。

 

『さけ通信』は「元気に飲む! 愉快に遊ぶ酒マガジン」です。お酒が大好きなあなたに、酒のレパートリーを広げる遊び方、ホームパーティを盛りあげるひと工夫、出かけたくなる酒スポット、体にやさしいお酒との付き合い方などをお伝えしていきます。発行するのは酒文化研究所(1991年創業)。ハッピーなお酒のあり方を発信し続ける、独立の民間の酒専門の研究所です。

さけ通信ロゴ

  • 1現在のページ

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!