ポルトガルの土着品種ワイン《コスパワインのススメ①》

ソムリエの資格をもつ、名古屋の酒類卸の青田が安旨コスパワインを紹介する新企画。第1回はポルトガルの安旨ワインのご紹介。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:ポルトガルの土着品種ワイン《コスパワインのススメ①》
ソムリエの資格を持つ名古屋の酒類卸イズミックの青田が、コスパで選んだ安旨ワインをご紹介。今回はポルトガルの土着品種主体で作ったワインをご紹介します。

ポルトガルのワイン

今年から新企画として、これは安くて美味しいと個人的に思ったコスパワインを毎月ご紹介していきたいと思います。
記念すべき第1回目はポルトガルのワインです。

ポルトガルのワインというとマディラやポートのイメージくらいしかなくあまり日本では馴染みがないかと思いますが、ヨーロッパでは最も古いワイン造りの歴史を持つ国として知られています。個人的にもポルトガル=ヴィーニョ・ベルデのイメージでそれくらいしか飲んでません。ちなみに余談ですが、ポルトガルワインは日本で初めて飲まれたワインとされる説(諸説ありますが初めて飲んだのは織田信長公でフランシスコ・ザビエルが持ち込んだものだと伝えられています。)がありまして、実は日本になじみの深いワイン。と、ちょっと話が脱線しました。ということで、今回ご紹介するのはそんな歴史とはまったく関係ないですが、ポルトガルのサントス&サントスというワイナリーが作るアデガ・ド・モレイロというワインです。
アデガ・ド・モレイロ
コスパの高い安旨ワインのご紹介ということなので、美味しければすべて良し、ワインの背景なんてとりわけ説明が要らないような気もしなくもないですが、その背景も含めてのコスパだとも思うので一応ご説明を。
サントス&サントスは、ポルトガルワインの中でも重要な土地である、リスボア地方のトッレ・ヴェドラスに位置し、リーズナブルかつ高品質なワイン造りを目指したアルマンド・ドス・サントス氏とアディーリオ・ドス・サントス氏という二人の兄弟によって、1977年に設立された家族経営のワイナリーです。150haほどの広大な畑を有しており、安定した気候条件のもと自社畑100%のコストパフォーマンスの高いワインを生産しています。
そのコスパの高さからヨーロッパ各国を中心とし世界中で愛されているというサントス&サントスのワイン、その味わいはいかに、ということでお楽しみの試飲タイムです。

飲んでみた。

まずは白のほうから。
ブドウ品種はフェルナン・ピエス70%にアリントが30%と、聞いたことがあるようで初耳な品種。と思って調べたところ、フェルナン・ピエスはフェルナォン・ピレス(シノニム:マリア・ゴメス)でソムリエ教本にはいらっしゃいました。ポルトガルでの栽培面積最大の白ブドウということなので、1度勉強しているはずで聞いたことがあって初耳ではないが正解でした。アリントについては栽培面積で3番目なので、ポルトガルを代表する土着品種を2種類ブレンドした白ワインということになります。
では安定のスクリューキャップをオープンです。(スクリューキャップ、開けやすいし保管しやすいし便利です。)
アデガ・ド・モレイロ
色は淡いレモンイエロー、粘性は少し強めな感じでしっかりとした味わいを想像させます。香りは白い花のようなフローラルな印象。アタックは強めの酸、そのあとにしっかりとした果実味が追いかけてきます。やや苦味、複雑味も感じますが、温度を下げれば気にならない程度。ジューシーな果実味を堪能できる白ワインです。しっかりと冷やして飲むのがおすすめ。一般的には白ワイン=海鮮のイメージが強いかと思いますが、こちらは鶏肉との相性がよさそう、少しスパイスを効かせたお料理と合わせるのがいいと思います。デイリーに楽しむのに優秀な味わいです。

続いて赤ワインです。
ブドウ品種はシラー40%、カラドック30%、アラゴネス30%。シラーはみなさんご存知の品種として、カラドックにアラゴネスとまたまた聞き覚えのない単語が。と思ったらアラゴネスはティンタ・ロリス=テンプラニーリョのことでした、シノニムややこしい。ティンタ・ロリス(テンプラニーリョ)はスペイン同様、ポルトガルでも栽培面積が第1位の黒ブドウ品種で、こちらも皆さんおなじみの品種です。で、問題はカラドック。調べたところグルナッシュとコット(マルベック)との交配品種とのこと。何を思ってこの濃ゆい品種2つを交配させたのかは分かりませんが、間違いなく濃ゆい味わいのブドウだと思われます。と、3つの品種どれもが果実味の主張が激しそうなので、濃ゆい赤ワイン好きの方にはこの段階でおすすめできそうなくらい、果実味の強さが想像できます。とはいえブドウ品種だけのイメージでは予想を多々裏切られることもワインの面白いところ、早速オープンです。
アデガ・ド・モレイロ
色は紫がかった赤、かなり濃厚な色合いです。インクの香りと胡椒のスパイシーな香りが立ちます。味わいはイメージ通りで果実味たっぷりです。軽くタンニンの収斂味を感じます。間違いなくお肉に合います、それも赤身肉。それくらいジューシーかつスパイシーな味わいです。しっかり味が濃ゆいのでどんな料理にも合わせて毎日楽しめます、というわけにはいきませんが、今日はリーズナブルなお肉で焼肉を堪能するぞ、というときに用意してみてください。

と、どちらもこの味わいで希望小売は750円、おそらく実勢売価は700円を切るかと思いますのでかなりお買い得、コスパは抜群です。家飲みで活躍すること間違いなしです。ぜひお試しください。
 

アデガ・ド・モレイロ ブランコ【商品概要】

  • 産地:ポルトガル
  • 品種:フェルナン・ピエス70%、アリント30%
  • 容器 / 容量:瓶/ 750ml
  • 参考小売価格:750円(税別)
  • 輸入元:モトックス

アデガ・ド・モレイロ ティント【商品概要】

  • 産地:ポルトガル
  • 品種:シラー40%、カラドック30%、アラゴネス30%
  • 容器 / 容量:瓶/ 750ml
  • 参考小売価格:750円(税別)
  • 輸入元:モトックス
※記事の情報は2019年1月21日時点のものです。
  • 1現在のページ

この記事で紹介された商品