骨董市で、今年の家飲みを楽しくする酒器を見つけよう!

日本最大規模の骨董市「大江戸骨董市」に出向いて、理想の酒器を見つけようという企画。全国の骨董市リストもあります。

メインビジュアル:骨董市で、今年の家飲みを楽しくする酒器を見つけよう!
「骨董」と聞いて、どんなイメージを思い浮かべますか? 高そう、難しそう、鑑賞のためのもの…。確かにそんな骨董品もありますが、街で開かれる骨董市にはふつうの人がふつうの生活の中で使ってきた生活道具もたくさん並んでいます。もちろん、家飲みに欠かせない酒器だって。そんな古いものには、時代を渡ってきたからこそ備わる表情や佇まいがあって、心の目が合うとつい自分の暮らしに招き入れたくなるんです。

ということで今回は、2019年の家飲みを美味しく楽しくする酒器を見つけるべく、日本最大規模の露店骨董市「大江戸骨董市」にイエノミ編集部のメンバーで向かいました!
 

大江戸骨董市には、世界各国のアンティークがぎっしり

大江戸骨董市には、世界各国のアンティークがぎっしり
大江戸骨董市は日本一の規模を誇るアウトドア骨董市で、月に2回東京国際フォーラムで開かれているほか、代々木公園でも不定期開催されています。私たちが訪れたのは、東京国際フォーラム会場。地上広場には、日本の骨董品はもちろん、ヨーロッパや北欧、アジア、中南米、アフリカなど世界各国から集められたアンティークが所狭しと並んでいます。
日本の骨董
韓国の骨董
ヨーロッパの骨董
北欧の骨董
西アフリカの骨董
チベットの骨董

骨董とは言え、今の暮らしに寄りそうモノにこだわってセレクトをしている店も多く、その“古くて新しい”面白さが若い人の心も掴んでいるようです。
日本のお皿
洋物の雑貨

また大江戸骨董市は、品ぞろえの豊富さ、立地の良さもあって海外からの観光客にも人気です。一年で最も寒さが厳しいと言われる「大寒」にも関わらず、この日もスタート時間の朝9時から、掘り出し物を求める人でにぎわっていました。
大江戸骨董市は早朝からにぎわう
この広場の中から「これぞ!」という理想の酒器を掘り出すことはできるのか…? いざ、お買い物スタートです!

今回の酒器ハンターは、イエノミスタイル編集部員の4名

左からヤマさん、アキ(筆者)、スーさん、センさん

おこづかいは一人2000円、与えられた時間は1時間30分です。


 
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3