ヤンマー×沢の鶴の目指す酒造りとは? コラボ日本酒の第2弾を飲んでみた。

灘の老舗酒蔵「沢の鶴」と農機具大手の「ヤンマー」がタッグを組んで造った日本酒の第2弾が新発売。アップデートされた味わいはいかに?

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:ヤンマー×沢の鶴の目指す酒造りとは? コラボ日本酒の第2弾を飲んでみた。
名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします!
 

ヤンマー×沢の鶴のコラボ日本酒第2弾「X02」

灘の老舗酒蔵の沢の鶴、農機具のヤンマー、この業種の異なる2社が酒造りでコラボしているという話は以前の記事(ヤンマー×沢の鶴のコラボ!大阪で採れたハチミツを使った梅酒を飲んでみた。)にてご紹介させていただきましたが、今回はそのコラボで生まれた日本酒の第2弾が発売になったということでご紹介したいと思います。
沢の鶴 X02
今回ご紹介するのは「沢の鶴 X02(エックスゼロツー)」。昨年発売された「沢の鶴 X01」の第2弾です。

X01、X02の一番の特徴は、ヤンマーと沢の鶴で新たに開発した酒米を使っているところ。そもそもなぜこの2社が酒米を開発することに至ったのかは、前回の記事でも説明しましたがさらっとご説明すると、“米を生かし、米を吟味し、米にこだわる”という理念のもと新たな製品の開発を検討していた沢の鶴、日本の農業が抱えている問題を打開すべく海外で人気となっている日本酒の原料である酒米生産に着目したヤンマー、この2社の目的が一致したことで始まったのがこの“酒米プロジェクト”です。

X02は2年におよぶ研究・試験で最も評価の高い1品種に絞り込んだ、まったく新しい酒米を使用しているそうです。目指しているのは山田錦に並ぶ新たな酒米。酒米の王様とも呼ばれる山田錦は非常に香味が良く、鑑評会の常連品種となっています。しかしながらその背の高さから、稲が倒れやすく栽培が難しい品種でもあります。この課題を解決するため、何万種類にもおよぶ米の種子の中から、ヤンマーが研究・選択・栽培し、沢の鶴が試験醸造を行いフィードバックするという一連の流れを何度も繰り返し、酒造りに適した米に進化したのがこの「X02」だそうです。また、栽培にはドローンを利用したリモートセンシングが導入されるなどヤンマーの最新技術の粋を集めた産物、果たしてどんな味の日本酒に仕上がるのか。というわけで、お楽しみの試飲タイムにいってみましょう。
  • 1現在のページ
  • 2