丸ごと1本使いきり! うど尽くし御膳で春らしい家飲みを《イエノミ歳時記⑯》

「買ったはいいけど余らせがち」な旬のうどを皮まで丸ごと1本使いきって、日本酒がすすむ5品を作ってみました。

ライター:泡☆盛子泡☆盛子
メインビジュアル:丸ごと1本使いきり! うど尽くし御膳で春らしい家飲みを《イエノミ歳時記⑯》
山菜が美味しい季節ですね。その中でも「うど」は、みずみずしい食感とほのかなほろ苦さで我ら酒飲みの舌を喜ばせてくれます。今回は、筆者自身も頭を悩ませていた「買ったはいいけど余らせがち」という問題を解決すべく、丸ごと1本を使い切って「うど尽くし」の家飲み御膳を作ってみました。
うど丸ごと1本
大量に食べるものではないからできれば少量で売って欲しい、というのが本音ですが、スーパーなどで見かけるのはこの形が一般的。皮も新芽も無駄にせず調理しますよ〜。

【下準備】
・新芽の先だけをカットしておく。
・表面に生えている産毛のようなものを取り除く。上から下へ包丁の刃を当てるとやりやすい。
・用途に合わせてカットし、真っ白な色を残したい場合は薄い酢水に浸けておく(今回は見た目重視で浸けておきました)。

うど尽くし御膳のお品書き
・うどと蛸の酢味噌和え
・うどと海苔の玉子とじ
・うどの牛肉巻き オイスターソース風味
・うど皮とお揚げの胡麻味噌きんぴら
・うど新芽のおむすび
 

うどと蛸の酢味噌和え

うどと蛸の酢味噌和え
<材料>
・うど(新芽周辺の柔らかい茎を3cmにカット)
・刺身用蛸
・酢味噌

①うどは耐熱容器に入れて軽く加熱する。
②うどと蛸を盛り付け、食べる直前に酢味噌をかける。

酒飲み好みの、いわゆる「ぬた」ですね。シャキッと爽やかなうどと、魚介の旨味を酢味噌がうまくまとめてくれます。蛸のほか、イカや貝類を使っても素敵です。
 

うどと海苔の玉子とじ

うどと海苔の玉子とじ
<材料>
・うど(短冊切り)
・だし(薄口醤油、酒、みりん少々で味付け)
・焼き海苔
・玉子

①小鍋にだしを入れて沸騰したらうどを生のまま加え食感を残す程度に火を通す。
②火が通ったらちぎった焼き海苔を加え、玉子でとじる。

うどの歯ごたえと玉子のふわふわ感の対比が楽しい一品です。うどはくれぐれも火を通しすぎないように気をつけてください。海苔の香りも食欲を誘うアクセント。生海苔やあおさ海苔を使うとより春らしくなりますね。
  • 1現在のページ
  • 2