「フーデックス ジャパン 2019」で占う、次に流行るお酒・おつまみはこれ!

アジア最大級の食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN」が今年も開催。早速、編集部員が会場に潜入し、これから来そうなモノを家飲み目線で探してきました!

メインビジュアル:「フーデックス ジャパン 2019」で占う、次に流行るお酒・おつまみはこれ!

「食の最新情報」が世界から集まる、アジア最大級の食品・飲料展示会

1976年の初開催から今年で44回目を迎える食品・飲料専門展示会「FOODEX JAPAN」が 3/5〜8にかけて幕張メッセで開催されました。このイベントは、日本はもとより世界各国から様々な食品や飲料が集まる展示会で、今回は3361社(2019年2月22日時点)のブースが出展。会場にはフードサービス、小売、商社、食品メーカー、ホテルなどのバイヤーが訪れ、出展者と商談を行っていました。

“食”にかかわる最新情報が集結すると言われているこのイベントに、今回編集部が潜入取材。 家飲み的目線で見つけた「これ次に来るんじゃない?」という注目アイテムをご紹介していきます!
会場の全景
Mexicoのブース
おつまみ
海外醸造所出展の様子

女性を意識したお酒が目立った国内ゾーン

まずは国内出展ゾーンから見ていくことに。まず私たちが注目したのが、「ミード」というハチミツを発酵させて醸造したお酒。
ミード各種
聞き慣れない名前ですが、西洋では神話などにも登場する、ワインやビールよりも古い歴史をもつお酒なんだそうです。何種類か試飲させてもらいましたが、デザートのようなとろっと甘さを感じるものから、すっきりドライな飲み口のものまで味わいのタイプは様々。とても飲みやすいうえに、ハチミツから作られるということで、健康や美容への意識の高い女性にも人気が高まりそうだなと感じました。イギリスなどでは、風邪で体が弱ったときに温めて飲んだりもするそうです。

次に目に留まったのが、オリエンタルな雰囲気の女性のイラストが描かれたボトル。
GINZAボトル
東京蒸留酒造社という会社が、国産のホップを使用した珍しいジン「GIN ZA」や、沖縄のサトウキビで作ったというバニラの香りが豊かなスパイスラム「RUM ZA」を出展していました。一般にはまだあまり流通していないようですが、今後の展開が楽しみです。

さらに進んでいくと、ひときわ多くの人で賑わっているブースがありました。青森県弘前のりんごで作られたお酒「シードル」の試飲PRを行っているようです。なかでも気になったのが、もりやま園の「テキカカシードル」というユニークなネーミングのもの。これまで摘果のために捨てられていた小さな未成熟のリンゴを利用して作られたシードルなんだそう。今回の試飲ではサーバーから注いで提供してくれたのですが、これが甘くなくて、すごく爽やか! ビールのようにゴクゴク飲めて、これなら色んな食事と合わせられそうです。もうひとつ出展者の方が試飲をすすめてくれたのが、弘前シードル工房Kimoriの「キモリシードル グリーン」。冬の間寝かせて甘さを引き出したという春限定の味なんだそうですが、こちらのほうはまろやか。りんごの果実感がそのまま残っている感じで、これもとても美味しかったです。
テキカカシドール
キモリシードルボトル
同じフルーツつながりでもうひとつ印象に残ったのが、静岡県沼津市の戸田地区で栽培される「へだたちばな」という品種の希少な柑橘を使ったクラフトビール「ヘダタチバナホワイト」(カケガワ ファーム ブルーイング)。たちばなは『古事記』や『日本書記』にも登場する、古来より日本人に愛されてきた日本固有種の柑橘なんだそうです。試飲させてもらうと、飲む前から柑橘のいい香りが立ち上ります。ビールでありながらスパークリングワインのような飲みやすさで、お酒があまり得意でない女性にも受け入れられそうです。
ヘダタチバナホワイトビール
柑橘 へだたちばな
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!