イタリア男子に学ぶ、モテる家飲み(2)

いかにもモテそうなイタリア男子に、モテる家飲み術を伝授してもらいたい! NHK-Eテレの「旅するイタリア語」に出演中のマッテオさんにお願いして、イケタリアン(イケてるイタリア人)によるイタリア流おもてなしを体験させていただきました。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリア男子に学ぶ、モテる家飲み(2)

男性専用の形容詞galante(ガランテ)とは?

前回の記事:イタリア男子に学ぶ、モテる家飲み(1)はこちら

イタリア語にgalante[ガランテ]という形容詞があります。普通の辞書を引くと「親切な」とありますが、実は正確ではありません。というのも、日本語にはない限定的なニュアンスが付くからです。詳しい辞書を引くとこうです。「女性に対して親切な」。なんと、男性専用の形容詞なのです。男性が女性に対して「親切な」ことをgalanteというのであって、その逆では使われません。

このようにイタリアの男性は、小さい頃からgalanteであることを教えられます。「男の子は女の子に優しく」、「母親を大切に」、そして「好きになった女性には命をかけて(こりゃ、ちと古いかな)」のように躾けられ、やがて「家族への愛」、「他者への思いやり」、「弱者への施し」と、より広範な「優しさ」を身につけて大人になるのです。このような、老若男女、すべての人への「優しさ」は、gentile[ジェンティーレ]と形容しますが、これは英語の「ジェントルマン(紳士)」の語源。なんとなく「優しさ」の微妙なニュアンスの違いが、わかりますよね。

さて、マッテオさんもこのような「優しさ」の伝統の中で育った男子の一人。今回のテーマである「イタリア流粋」のおもてなしも、確かにこのgentile、かつgalanteな気配りや愛情が根本にあるようです。そう思うと、次はどんな風にもてなしてくれるのか、益々楽しみになりますね。

ラディッキオという野菜を使います

マッテオさんが次に作る料理は「ラディッキオとゴルゴンゾーラのリゾット」。いきなりですが、「ラディッキオ(radicchio)」ってご存知ですか? こんな形です。
「ラディッキオ(radicchio)」ってご存知ですか? こんな形です。
日本では「トレビス」という名称で流通する野菜です。紫キャベツに見えるかもしれませんが、チコリの一種です。

イタリアで「ラディッキオ」といえば、何といっても北東部のヴェネト州産。中でも、トレヴィーゾという地域のものが有名で、それが「トレビス(仏語)」という名の由来です。このトレヴィーゾ産ラディッキオは、イタリアの冬の風物詩とも言える味覚で、ちょうどこの2月に入って収穫のピークを迎えます。現地ではその収穫風景が毎年テレビのニュースでも取り上げられるほど親しまれています。こうしてヴェネト産のラディッキオは、この時期一斉に各地の市場に出回りますが、最近では日本にも輸入され、結構手に入るようになりました。

そこでマッテオさん、次の料理にはこのイタリアの「旬の味」を用意してくれたというわけです。

「ラディッキオは、生でも食べられるよ。でも、ちょっと苦味があるんだよね。その苦味が、リゾットにするとコクが出て、美味しくなるんだ。ちょうど今日は寒いし、温かいリゾットで和んでほしいな」と、マッテオさん。その心遣い、「優しさ」にあふれていて、いきなりうれしいです。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3