イタリアの地方料理に学ぶ家飲み(1)

イタリアとドイツの文化が融合するアルト=アディジェ地方。そこで愛されるワインと料理とはどんなもの?

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリアの地方料理に学ぶ家飲み(1)

なぜ今イタリアでドイツ系ブドウの白ワインがブームなの?

最近のイタリアで、ドイツ系のブドウを使った白ワインが人気です。ドイツの白ワイン用品種といえば、リースリング、シルヴァーナ、ミュラー・トゥルガウ、ゲヴェルツトラミネールなどが代表的。そして、その味わいと言えば、どれも「甘口」のイメージが強いかもしれません。しかし、同じブドウをイタリアの地で栽培すると、そのワインのニュアンスは変わります。太陽が燦々と照るイタリアの気候の下、ブドウは完熟度を増し、ワインは口当たりの良さ、新鮮さ、そして果実味が際立つようになります。さらに1990年代後半、かつてはドイツ圏だったアルト=アディジェ地方(南チロル)の醸造家ハンス・テルツァー氏が、有名グルメ誌の選ぶ「最優秀エノロゴ10人」に名を連ねたことで、そのクオリティーの高さにも注目が集まり、今の人気に繋がっています。

最近ではそうしたドイツ系のブドウに、土着の白ブドウをブレンドしたイタリア独自のワインも次々と開発されています。これらはコストパフォーマンスにも優れ、いわば「安旨ワイン」の穴場的な存在になっているのです。

では、そんな新スタイル・ワインはどのような料理と相性が良いのか。家飲みのヒントを探るべく、第一人者のもとを訪ねることにしました。

今回訪れたのは世田谷区豪徳寺の「クチーナ・チロレーゼ三輪亭」。シェフの三輪学さんは、別名「南チロル」とも呼ばれるアルト=アディジェ地方で修業した経験の持ち主。その地方料理の真髄を受け継ぎ、2007年に東京に戻ってお店をオープン。私が知る限り、日本で唯一のチロレーゼ(チロル風)料理専門店です。

「アルト=アディジェ地方は、オーストリア、スイスと国境を接するイタリア最北端の地で、元々はオーストリア帝国の支配下にありました。政治的に複雑な歴史をたどって、現在はイタリアに属していますが、文化的にはドイツ語圏の影響が色濃く、料理やワインもドイツ系やオーストリア系が主流です。しかし、それらがイタリア化されているのが、おもしろいところですね」

イタリア最北部で生産される上質の白ワインのお味は?

そう解説していただきながら、まずはイチ押しの白ワインをご紹介いただきました。それがこちら。
オムネス・ディエス(Omunes Dies)
ドイツ系のミュラー・トゥルガウ種と土着のモスカート・ジャッロ種を50%ずつブレンドしたという「オムネス・ディエス(Omunes Dies)」。まさにドイツとイタリアの融合を体現したとでもいうべきワインです。

グラスに注がれるや、いきなりフローラルな香りがテーブル全体に漂います。口にすると、まずは柑橘系、特にグレープフルーツのニュアンス。さらにじっくり味わうと柑橘系独特の苦味もにじみ出てくるのですが、決して偏らず、酸味とのバランスが絶妙の、大人の味わいを構築しています。
  • 1現在のページ
  • 2