イタリア男子に学ぶ、モテる家飲み(3)

いかにもモテそうなイタリア男子に、モテる家飲み術を伝授してもらいたい! NHK-Eテレの「旅するイタリア語」に出演中のマッテオさんにお願いして、イケタリアン(イケてるイタリア人)によるイタリア流おもてなしを体験させていただきました。

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリア男子に学ぶ、モテる家飲み(3)

モテる家飲みは、まるでステキな映画のようである

初回の記事:イタリア男子に学ぶ、モテる家飲み(1)はこちら
前回の記事:イタリア男子に学ぶ、モテる家飲み(2)はこちら

「良いワインは、良い映画に似ている。あっという間に過ぎるが、深い余韻を残す。一口ごとに新たな味わいが生まれ、そして良き映画がそうであるように、味わう人ごとに生まれ変わる。」これは、イタリア映画界の巨匠フェデリコ・フェリーニ監督(1920-1993)の名言です。この「ワイン」を「家飲み」に変えても、同じことが言えるでしょう。楽しい家飲みは、すっかり時間を忘れ、別れても、何度でも合いたくなる、そういうものです。マッテオさんのおもてなしは、まさにそんな上質な時間を共有させてくれます。モテる家飲みの3回目も楽しみですね。
モテる家飲みの3回目も楽しみですね。
リサ「イカのサラダに、チーズたっぷりのリゾット。どれも美味しくてぜんぶ食べちゃったから、お腹はいい感じですよ」
マッテオ「ちょっと待った。もう一品用意していますよ」
リサ「もしかして、デザート?」
マッテオ「ううん、チキン」
リサ「えー、これからお肉? 入るかしら」
マッテオ「イタリア人はね、だいぶお腹が満たされた頃合いに、お肉などのメインディッシュをいただくんだよ。だから、イタリアのメインは美味しいの。お腹いっぱいでも食べられる味。最後にそれを味わってもらいたいんだ」


やや目が点のリサさんをよそに、マッテオさんはフライパンを持ってやる気満々。というのも、イタリアの食事では、このパターンが普通です。イタリア旅行の経験のある方はご存知かもしれませんが、現地のレストラン・メニューは構成が、次のように決まっています。

  • アンティパスト(前菜) サラダ, ハム, サラミなど。
  • プリモ・ピアット(一皿目) パスタ, リゾット, スープなど。
  • セコンド・ピアット(二皿目) 肉料理, 魚料理, 揚げ物料理など。
  • コントルノ(付け合わせ) 二皿目に添える野菜料理。ソテーや温野菜が多い。
  • ドルチェ(デザート)
このように、全てがコース形式になっているのですね。そして、一般家庭での食べ方もこの形がほとんど変わりません。食事は一品ずつ食卓に運ばれ、この順序通りに食べられています。つまり、マッテオさんは今回、このイタリアの食習慣を再現しているわけなんです。日本人の感覚では、プリモ(一皿目)の時点でだいたい食事は完結しているのですが、イタリア人にとっては、ここからが「メイン」。さらに美味しいものが出てくるというわけなのです。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!