【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

イタリア人直伝の夏向きレシピ! 暑さを乗り切るおつまみとワイン(2)

強烈な日差しが降り注ぐ空の下でも食を楽しむイタリアの人々。そんな彼らの知恵を取り入れてみませんか?

ライター:京藤好男京藤好男
メインビジュアル:イタリア人直伝の夏向きレシピ! 暑さを乗り切るおつまみとワイン(2)

ヴェネツィアで食べた夏バテ知らずのパスタはこれだ!

イタリアの夏の気候は、日差しが強く乾燥するのが特徴です。そのため、気温が高いわりに、日陰に入れば暑さをしのぎやすいのですが、海に囲まれたヴェネツィアだけは湿度が高く、日本に似た蒸し暑さを感じます。すると、あの「夏バテ」の症状が現れやすくもなるのです。

ところが、意外にも人々の食事の様子は普段と変わらず、日陰を作ったテラスにテーブルを並べて、誰もがにぎやかに飲食を楽しんでいます。そんな彼らとともにした、夏バテ知らずの一皿をご紹介しましょう。


ギリシャ風冷製パスタ(Pasta fredda alla greca)

ヴェネツィアを含むイタリア北部では、パスタはとりわけ「温かい」料理です。しっかり煮込んだソースと絡めたり、スープ仕立てにしたり。つまり、パスタを「冷やして」食べるという発想はしばらくなかったようです。

「従来のイタリアの食材では、冷えたパスタに合うものはなかなか見当たらなかったの。でも、ギリシャの食材なら、冷えたパスタにも合うことがわかったのよ」

そう教えてくれたのは、私の恩師アンジェラ・カラッチョロ先生。一年間の講義も終了し、夏休みに入ってリラックスする先生が、私を真夏のランチに誘ってくれたときのことです。先生手作りのこのパスタをいただくと、ヴェネツィアで夏バテ気味の胃が、瞬く間に回復して感激しました。今日は、そんなレシピを再現してみます。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら