カルシウムがちゃっかり摂れる、お酒とおつまみ〈老けない人は何を飲んでいる? ⑲〉

秋の味覚と言えば焼きサンマに日本酒。ただ美味しいだけでなく、実はカルシウム不足にもってこいの組み合わせなんです。

メインビジュアル:カルシウムがちゃっかり摂れる、お酒とおつまみ〈老けない人は何を飲んでいる? ⑲〉

カルシウムの吸収にはビタミンDが不可欠

赤ワインにはお肉料理、白ワインにはお魚料理といったお互いの味を引き立てあう相性のよいお酒とおつまみの組み合わせってありますよね。皆さんの中にも、このお酒には絶対にこのおつまみ!! というような、とっておきの組み合わせを持ち合わせている方もいるでしょう。

お酒とおつまみの美味しいコラボレーションがさらに健康維持につながれば、こんなに良いことはありません。日々の食生活が、将来の健康につながっていくのですから。
ということで今回は、現代人に不足しがちな栄養素「カルシウム」をふだんの家飲みで効率的に摂取する方法をご紹介します。

カルシウムは、ご存知のとおり、骨や歯を形成する栄養素です。また、ホルモンの分泌、血液の凝固、筋肉の収縮、神経伝達など、体内で様々な生理機能を調整しています。カルシウムが不足すると骨粗しょう症、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病にもつながります。しかし、カルシウムだけをたくさんとっても、うまく生理機能が作用しません。体に必要な栄養素は50種類以上といわれ、栄養素同士、お互いに協力しながら働いています。言い換えれば、ひとつの栄養素が単独で働くことができないのです。

カルシウムにとって、その良きパートナーとなるのが「ビタミンD」です。カルシウムの吸収には、ビタミンDが不可欠なのです。
 

4種のお酒+魚系おつまみで、美味しくカルシウム補給

ところで、カルシウムが多い食品といえば乳製品を思い浮かべる方も多いと思いますが、実は、お酒でも少量ながらカルシウム補給ができるのです。

そのお酒とは、赤ワイン、白ワイン、紹興酒、日本酒です。100g中のカルシウム含有量は、赤ワイン7mg、白ワイン8mg、紹興酒25mg、日本酒3mgです。(※カルシウム補給できるからといって、これらのお酒を飲み過ぎるはもちろんご法度です! アルコールの大量摂取が、逆にカルシウムの吸収を妨げてしまいます)

カルシウムが含まれるお酒を飲むときは、その吸収を促すビタミンDが豊富な食品を一緒に食べたいもの。ビタミンDが多い食品としては、サーモン、サンマ、サバなどの魚があります。これらをおつまみとしてお酒を飲むなら、例えばこういう組み合わせはいかがでしょうか?
・白ワインとサーモンのマリネ
・白ワインとアクアパッツァ
・日本酒と焼きサンマ
・日本酒とアジの南蛮漬け
・赤ワインとウナギ
・赤ワインとブリの照り焼き

お魚料理を作るときに、赤ワイン、白ワイン、紹興酒、日本酒を調味料として利用するのもよいですね。  
ぜひ、おつまみを選ぶとき、おつまみを作るときの参考になさってみてください。

※ 記事の情報は2018年10月11日現在のものです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!