ギリシャの食卓におじゃまします!【後編】〈家飲みオリンピック①〉

ギリシャの家飲み文化を探る今回の取材。前編につづき、後編ではフラギスさんのお宅のリアルな食卓を拝見! ギリシャのお母さん仕込みのレシピも詳しくご紹介します。

メインビジュアル:ギリシャの食卓におじゃまします!【後編】〈家飲みオリンピック①〉
ギリシャ出身のフラギス・アサナシオスさんのお宅で、ギリシャの家飲み文化について探る今回の取材。【前編】ではギリシャの一般的なお酒事情や食文化についてお聞きしましたが、【後編】ではフラギスさんがふだんの食卓で何を飲み、何を食べているかをご紹介します。現地の家庭料理の詳しいレシピもしっかり教えてもらいました。
 

どの料理にも「オレガノ」を効かせるのがギリシャ流

日本に来て18年になるというフラギスさん。日本食も大好きだとのことですが、ギリシャの家庭の味を忘れることはありません。編集部が取材でお宅におじゃましたこの日も、フラギスさんのお母さんが良く作っていたという故郷の料理をフラギスさん自らが腕を振るい、テーブルにずらりと用意してくれていました。

まずは、【前編】でも登場したフェタチーズをふんだんに使った「ギリシャ風サラダ」。現地では“村のサラダ(ホリヤティキ・サラタ)”とも呼ばれているそう。野菜は日本でもおなじみのものですが、「カラマタ」というギリシャ特産の黒オリーブが入っています。上からオレガノとオリーブオイル、ビネガーを振りかけて完成。味付けはフェタチーズの塩味だけで十分とのこと。
ギリシャ風サラダ
サラダは食べる直前に良く混ぜて、フェタチーズを崩しながら食べる。奥様の由美子さんは食べた後に残ったソースをパンにつけて食べるのが大好き

次は「フタポディ カパマ(タコの赤ワイン煮込み)」。タコを多めのオイルで揚げるように炒め、赤ワインやトマトで煮たもの。月桂樹やオレガノで香りづけをします。フラギスさんによると、ギリシャ人も日本人と同じようにタコやイカなど、海から採れるものは何でも食べるのだといいます。
フタポディ カパマ
温かいままはもちろん、冷めても美味しい「フタポディ カパマ」

このミートボール状のものは「ケフテデズ」。ミントやオレガノを混ぜたミンチをボールにして、揚げ焼きしたもの。「シャジキ」というギリシャヨーグルトのソースを添えることでさっぱりいただけるそう。冬場はこのケフテデスを、トマトソースで煮込んで食べたりもするのだとか。
ミートボールとシャジキ
ミートボールに添えられたヨーグルトソース「シャジキ」は、野菜スティックやピタパンに付けて食べてもおいしい

ここまででも十分にご馳走ですが、フラギスさんは、さらにメインのお料理も用意していました。「コトプロ レモナト メ パタテス(ローストチキン&ポテト レモンソース)」です。食べる前の日の晩からオリーブオイルやにんにく、オレガノでマリネしたチキンをじゃがいもと合わせて、レモンソースをかけてオーブンでローストしたもの。チキンが良い色に焼けていて、食欲をそそります。
コトプロ レモナト メ パタテス
本日のメイン料理。チキンの中にチーズを入れて焼くこともあるそう

ここで気づいた方もいるかもしれませんが、ギリシャ料理には「オレガノ」が実に多く使われているんです。オレガノは地中海沿岸が原産。古代ギリシャでは幸運のハーブとされていて、食用としてだけでなく、結婚式ではオレガノの冠をかぶる風習もあったのだとか。オレガノもオリーブオイルやチーズのように、昔からギリシャの人々に欠かせない食材なんですね。

さて、お料理の紹介はここまでにして、早速乾杯しましょう!
テーブルに並んだギリシャ料理
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!