ブラジルの食卓におじゃまします!~宮本ヒルさんちの家飲み編~

日本で暮らす外国人家庭のリアルな食卓を通して、世界各国のお酒と食文化に迫る「家飲みオリンピック」。前回はブラジルの一般的なお酒事情や食文化についてお届けしましたが、今回は宮本ヒルさんや恋人のアレサンドラさんがふだん何を飲み、どんなおつまみを食べているかをご紹介します。

メインビジュアル:ブラジルの食卓におじゃまします!~宮本ヒルさんちの家飲み編~
前回の〈現地のお酒事情と食文化編〉はこちら!

「リングイッサ」はブラジルの定番おつまみ

まず、ヒルさんが「ブラジルの定番おつまみ」と教えてくれたのが、「リングイッサ」という豚肉の生ソーセージ。ブラジルの国民食である「フェジョアーダ」という豆料理や、日本でも人気のバーベキュー料理「シュラスコ」にも欠かせない食材です。

「リングイッサ」には味のバリエーションがあるそうで、この日「お酒に合わせるなら…」と用意してくれたのはピリ辛味の「リングイッサ・カラブレーザ」。これをフライパンでこんがり焼き、スライスして、さらに玉ねぎと一緒にジュウジュウ炒めます。ちょっとだけ味見させてもらうと、じゅわっと旨味があふれて程よい辛さ。これはお酒が欲しくなる味です!
「リングイッサ」は日本のソーセージよりも太めでボリュームたっぷり
「リングイッサ」は日本のソーセージよりも太めでボリュームたっぷり
生ソーセージなので、こんがり色づくまでじっくり焼く
生ソーセージなので、こんがり色づくまでじっくり焼くのがポイント

おつまみにもデザートにもなる万能芋「マンジョッカ」

もうひとつ、ブラジルの食卓に欠かせないのが「マンジョッカ(キャッサバ)」という芋。日本で今大ブームの「タピオカ」の原料でもあります。

ヒルさんはこの芋をフライドポテトのようにそのまま素揚げしていましたが、現地ではスープに入れたり、デンプンでクレープのようなものを作ったりもするそう。ブラジルのチーズパン「ポンデケージョ」の生地にも使われていて、あのモチモチ食感を生み出しています。
マンジョッカのフリット。フライドポテトよりも食感が軽め
おつまみに揚げてくれたマンジョッカのフリット。フライドポテトよりも食感が軽め
ブラジルでは朝食の代名詞となっている「ポンデケージョ」
ブラジルでは朝食の代名詞となっている「ポンデケージョ」

他にもいろいろ! お酒がすすむローカルフード

ところで、この「ポンデケージョ」というチーズパンが生まれたのは、ブラジル南東部に位置するミナス・ジェライス州。酪農が盛んで、ブラジルで最も親しまれているチーズ「ミナスチーズ」の故郷です。ヒルさんは、このチーズをスライスして軽く火であぶり、サラミ、バジル、トマトと合わせて色鮮やかなピンチョスも作ってくれました。
ブラジルで「ミナスチーズ」は、白いフレッシュチーズの総称となっている
ブラジルで「ミナスチーズ」は、白いフレッシュチーズの総称となっている
チーズは軽くあぶることで、さらにとろっとミルキーな味に
チーズは軽くあぶることで、さらにとろっとミルキーな味に

他にも、「パルミット」というヤシの新芽を使ったイタリア風おつまみや…
瓶詰の「パルミット」。なんと、ヒルさんがパッケージデザインを手がけたそう。そのまま食べると、ホワイトアスパラガスのような食感でやや酸味がある
瓶詰の「パルミット」。なんと、ヒルさんがパッケージデザインを手がけたそう。そのまま食べると、ホワイトアスパラガスのような食感でやや酸味がある
ニンニクとオレガノが効いた、「パルミットのアーリオ・オーリオ」。パルミットは熱を加えると柔らかくなり、甘味が増す
ニンニクとオレガノが効いた、「パルミットのアーリオ・オーリオ」。パルミットは熱を加えると柔らかくなり、甘みが増す

玉ねぎやニンニク、レモン汁に漬けてから揚げるブラジル風から揚げ「フランゴ・ア・パサリーリョ」
「ブラジル風から揚げ」
ブラジル風から揚げは、衣に入れたベーキングパウダーのおかげでサクサク

鶏肉を詰めたブラジルの冷凍コロッケ「コッシーニャ」に、豚の皮を揚げたスナック「プルルッカ」などなど…。
日本のコロッケより小さい、一口サイズの「コッシーニャ」
日本のコロッケより小さい、一口サイズの「コッシーニャ」
軽くつまめる「プルルッカ」はブラジルの定番スナック
軽くつまめる「プルルッカ」はブラジルの定番スナック

こちらからの質問に答えながら、次々とおつまみを作ってくれたヒルさん。さて、家飲みの準備が整ったところで、乾杯です!
ブラジルの家飲み、準備完了!

ブラジルで乾杯の掛け声は「サウージ!」

ポルトガル語で“健康”という意味の「SAUDE(サウージ)!」の掛け声で、ライムをたっぷり使ったブラジリアンカクテル「カイピリーニャ」のグラスを合わせます。
SAUDE(サウージ)!
ヒルさんがシェイカーを振って作ってくれたカイピリーニャはキンキンに冷たくて、ライムの爽やかな酸味のおかげで、アルコール40度であることを忘れる飲みやすさ!

ニンニクやペッパーなどが効いた濃い味付けのブラジルのおつまみ、それにジョークを交えた陽気なおしゃべりが一緒だと、いつの間にかグラスが空いてしまいキケンです…。
リングイッサ・カラブレーザ
スパイシーな「リングイッサ・カラブレーザ・アセボラーダ」は、さっぱり爽やかなカイピリーニャに良く合う
好きに飲んで、食べて、語らって…。エネルギッシュなブラジルの家飲みを思い切り体験させてもらいました!

ブラジルの家飲みには「サウダージ」が宿っていた

食事中もまるで幼馴染のように、なごやかにブラジルの話をしてくれたヒルさんと恋人のアレサンドラさん。実はまだ付き合って間もないそうですが、すでに将来のことも考えているとか。

「二人ともブラジルで育って、今でも日本に住む家族との会話はポルトガル語。そんなバックグラウンドや、これが食べたいと思う気持ちとか、故郷を懐かしむ気持ちを共有できる人がそばにいるって、やっぱりとても大きいんです」

そういえば取材中、ヒルさんが日本語に直訳しづらいポルトガル語として「SAUDADE(サウダージ)」という言葉があると教えてくれました。「郷愁」とか「懐かしい」とか「人恋しい」といった、繊細な気持ちを表す言葉なんだそうです。

生まれ育った国を離れて、日本で暮らす二人。同じように、その昔、様々な国から海を渡ってブラジルにやってきた多くの人たち。そんな移民1世たちの「故郷のあの料理が懐かしい」といったサウダージの想いが、多様性に満ちたブラジルの食文化を育み、世代を超えて受け継がれ、いまの「ブラジル料理」としてオリジナルのスタイルを確立していったのかも…。そんなことを思った今回の取材でした。
宮本ヒルさんとアレサンドラさん

● ● ● ●

記事を読んで、ブラジルの家飲みをやってみたい!と思った方は、レシピページをチェック! 「リングイッサ」や「パルミット」などの珍しいブラジル食材は、ヒルさんが勤める「キョウダイマーケット」の通販サイトでも手に入ります。
「ブラジル人直伝! 絶品定番おつまみレシピ」はこちら!
「キョウダイマーケット」の通販サイトはこちら!

また、ブラジルの食文化についてもっと深く知りたくなった方は、ぜひヒルさんが講師を務めるブラジル料理教室にも参加してみてください!

●宮本ヒルさんのInstagram
ブラジル料理専用アカウント
イラスト専用アカウント

※記事の情報は2019年7月7日時点のものです。

 

ブラジルの家飲みについては、こちらの記事もチェック!

  • 1現在のページ