〈ウマ辛スパイスおつまみレシピ③〉鶏肉・なす・ごぼうの山椒焼き

甘辛味と山椒のピリリとした刺激でお酒がすすむおつまみ。日本酒や焼酎にぴったりです。

ライター:nonnon
メインビジュアル:〈ウマ辛スパイスおつまみレシピ③〉鶏肉・なす・ごぼうの山椒焼き

ココがPoint!

シビレ系ブームで注目度もアップしている山椒。鼻に抜けるさわやか香りとビリビリとした刺激が特徴です。粒のまま使う「実山椒」もありますが、今回は手に入りやすいおなじみの粉山椒を使います。
山椒
刺激が好きな人は多めに使ってもOKです
ごぼう
食感を生かすためのごぼうは薄い乱切りに

材料

  • 鶏もも肉 200g
  • なす 2本
  • ごぼう 40g
  • サラダ油 小さじ2
  • 山椒 お好みの量
  • 小さじ1/4
  • 片栗粉 小さじ2
  • 水(片栗粉を溶く用) 小さじ1
  • ▼A  
  • しょうゆ 大さじ2
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 大さじ1
  • 大さじ1

作り方

  • なすは1cm幅の半月切りにし水にさらす。ごぼうはよく洗って泥を落とし、薄い乱切りにし、水にさらす。
  • 鷄もも肉に塩を振り、フライパンにサラダ油を入れて熱し、皮目から入れて中火で5分程度焼く。
  • 焼き色がついたら裏返し3分程度焼き、水気を切ったなすと長ねぎを加えてさらに焼く。
  • 一度全部取り出して、鶏もも肉を一口大に切る。
  • フライパンにAを入れてひと煮に立ちさせ、火を止める。ここに④を戻し入れ、水溶き片栗粉を加えてとろみがつくまで加熱する。
  • 器に盛り付け、山椒を振る。
※記事の情報は2019年2月19日時点のものです。
  • 1現在のページ

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!