家飲みで楽しめる喜び!飲食店限定だったコエドビールを家で飲んでみた。

名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 夏に向けてぜひ飲みたいクラフトビールをご紹介します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:家飲みで楽しめる喜び!飲食店限定だったコエドビールを家で飲んでみた。

飲食店限定だったクラフトビールを家飲みで

飲食店限定だったクラフトビールを家飲みで
いよいよ夏到来かと思わせるような気温の毎日がやってきました。暑くなったらやっぱりがんがんいけるビールが飲みたい!というわけで今回はコエドビールの「毬花」というビールをご紹介します。「毬花」のスタイルはセッションIPA。以前の記事でもセッションIPAは取り上げましたが、念のためおさらいしておくと、IPAの代名詞であるホップの苦味はそのままにアルコールを低めに飲みやすく設計されたスタイルのこと。
「毬花」は2017年10月に発売された、コエドビールとしては実に11年ぶりの新定番商品。2014年より飲食店用に樽で販売されていましたが、かねてより要望が多かったということで瓶と缶の2種類での発売となりました。

実は私もクラフトビアバーにゲストビールとして入っていると必ずオーダーするくらいファンだったので、これは嬉しいニュースです。というわけで早速お楽しみの試飲タイムです。

飲んでみた。

毬花瓶
ではグラスに注いでみます。色は淡いゴールド。柑橘系の爽やかな香りとIPAらしい強いホップの苦みが特徴的。アメリカンタイプのIPAのようなガツンとくる苦みではなく、どちらかというと繊細でキレのよい苦みです。アルコール度数が低いこともあって、ボディが軽めでかなりクリアで飲みやすい印象に仕上がっています。
これぞお手本的なセッションIPAという味わい、この味はIPAのフルーティーな部分が好きという方にはかなりハマる味わいではないでしょうか。個人的にもリピート確定です。

というわけで、まさにこれからの時期に楽しみたい1本、ぜひ家飲みでお楽しみください。

毬花【商品概要】

  • スタイル:セッションIPA
  • 原産国:日本
  • 原材料:麦芽、ホップ
  • アルコール分:4.5%
  • 容器 / 容量:瓶 / 333ml・缶 / 350ml
  • 参考小売価格:ともに267 円(税別)
  • 製造:㈱協同商事コエドブルワリー
※記事の情報は2018年5月7日時点のものです。
  • 1現在のページ

記事で紹介した商品とその他の商品