クラフトジンレビュー第2弾!アイラ島からやってきたクラフトジンを飲んでみた。

名古屋の酒問屋イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします!
今回は前回に引き続き話題の「クラフトジン」をご紹介します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:クラフトジンレビュー第2弾!アイラ島からやってきたクラフトジンを飲んでみた。

ウイスキーの聖地「アイラ島」からやってきた「クラフトジン」

今回も前回に引き続きクラフトジンをご紹介。今回はスコッチウイスキーの聖地と称される「アイラ島」のブルックラディ蒸溜所で造られるで造られるクラフトジン「ザ・ボタニスト」をご紹介します。
クラフトジン「ザ・ボタニスト」
ザ・ボタニストはアイラ島唯一にして初めてのドライジンとのこと。伝統的なジンの原材料である9種類のコアボタニカルに加えて、アイラ島に自生している希少な22種類のボタニカルを手で採取し、31種類のボタニカルを丁寧に蒸留して造られる、素材にものすごくこだわったプレミアムジンです。ミニボトル(非売品)をゲットしたのでお楽しみの試飲タイムです。
  • 1現在のページ
  • 2