秋冬のフルーツは白和えにしなきゃ損かもよ!

恵みの秋から冬へと移りつつあるこの時季、美味しいものが目白押しであります。我ら酒飲みは魚やら牡蠣やらに目が向きがちですが、たまにはフルーツなんぞで一杯やるのはいかがでしょう? そのままでも合わないことはないのですが、ちょっとひと手間でさらにアテ度がギュインっとアップしちゃうんですよこれが。その秘策とは、「白和え」! 豆腐をすりつぶした衣に胡麻などで風味をつけて具材と和える、和食でおなじみのあれです。牡蠣ならぬ柿を使った白和えは割と一般的ですよね。今回はそれにヒントを得て、柿以外の旬フルーツも白和えにしてみました。

ライター:泡☆盛子泡☆盛子
メインビジュアル:秋冬のフルーツは白和えにしなきゃ損かもよ!
手前右から時計回りに、いちじく、ぶどう、栗、りんご、洋梨、柿。
手前右から時計回りに、いちじく、ぶどう、栗、りんご、洋梨、柿。
どれもスーパーで手に入るものばかりです。


 

《ポイント》

  • 充填豆腐ではなく、ちゃんと大豆で作られた豆腐を使う。
  • 水切りはできればしっかりと(重石をして1時間置くか、キッチンペーパーに包んで電子レンジで加熱)。できなければ多少水っぽい衣になりますが、まぁ大丈夫。
  • 豆腐はすり鉢で丁寧にするに越したことはありませんが、気の短い酒飲み(私だ)はジップロックなどに入れて外からもみもみするスーパー手抜き法を採用してもいいでしょう。
  • 衣の味付けはお好みで。今回は、フルーツの甘さを引き立てるため塩を少々加えました。

【シンプル部門】柿

柿は固め、熟れごろとお好きなタイプでどうぞ。私は柿をくり抜いて器にするのが好きなので、ちょっと柔らかめのものを選んでいます。お店では菊菜を一緒に和えることもありますよね。そっちも捨てがたい〜。菊菜を加えるなら和え衣にしっかりと胡麻を効かせる方がよいです。
【シンプル部門】柿
【シンプル部門】柿

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!