神戸人が伝授。ぼっかけ+炭水化物で禁断のアテが複数完成する方程式

神戸が誇るB級グルメ「そばめし」は今や全国区となりましたが、そのそばめしに欠かせない具といえば、牛すじ肉とこんにゃくを甘辛く炊いた「ぼっかけ」です。このぼっかけ、その用途はそばめしに留まらず、そのままでもアテに最適、さらにはどんな炭水化物とも相性抜群という万能ぶり。炭水化物でお酒飲んじゃうなんて…、罪悪感たっぷり、でも飲まずにはいられない、禁断のアテ作り、スタートです!

ライター:青柳直子青柳直子
メインビジュアル:神戸人が伝授。ぼっかけ+炭水化物で禁断のアテが複数完成する方程式

「ぼっかけ」のうんちく、ちょっとだけ。

牛すじ肉とこんにゃくをしょうゆやみりんなどで甘辛く炊いた「ぼっかけ」は、戦後の食糧難の時代に、廃棄していた牛スジ肉をおいしく食べる方法として、神戸市長田区で考え出されたといわれています。値段の高い神戸牛を気軽に食べようと、比較的安価な牛すじ肉を使った料理として誕生したという説も。どちらにせよ、ぼっかけは庶民の味方ということですね。

ちなみに「ぼっかけ」の語源は「ぶっかけ」。「ご飯にもそばめしにも、なんにでもぶっかけてまえー」という阪神間の下町らしい「いてまえ(やっちまえ)精神」を反映したネーミングです。(大阪近鉄バッファローズの“いてまえ打線”しかり)

簡単だけどちょっぴり時間がかかる「ぼっかけ」は休日の朝から炊いて!

では早速、ぼっかけを炊いていきましょう。
煮汁を飛ばしてトロトロになるまで炊くぼっかけは煮込み時間が2、3時間かかります。(圧力鍋を使う方法もありますが、トロトロ、味しみしみにしたいなら、普通の鍋でコトコト炊くのがおすすめ)
夕方からの飲みに備えて、休日の朝からのんびりコトコト、部屋中甘辛いにおいに包まれてみるのはいかがでしょうか。

材料(4人分)

材料

  • 牛すじ肉 500g(だいたい1パックで売られている量)
  • こんにゃく 1枚
  • 青ネギ(小口切り) 適量
  • しょうが(千切り) 1片
  • ダシ汁(かつおの粉末ダシを溶いたものでも可) 500cc
  • 料理酒 100cc
  • 濃口しょうゆ 大さじ5
  • みりん 大さじ2
  • 砂糖 大さじ2

作り方

1.牛すじ肉とこんにゃくを食べやすい大きさに切る(ひと口大より小さめ)
2.お鍋を2つ用意し、それぞれにお湯を入れて沸騰させる。1つにはお酒を50ccほど入れる
3.お酒を入れた方の鍋で、牛すじ肉を約20分ゆでる。灰汁は丁寧にとる。
4.もうひとつの鍋でこんにゃくをゆがいて灰汁ぬきし、ざるにあげる。
5.ゆであがった牛すじ肉を水で丁寧に洗う。
牛すじ肉を約20分ゆでる。灰汁は丁寧にとる
こんにゃくをゆがいて灰汁ぬき
牛すじ肉を水で丁寧に洗う
灰汁取りと水洗いを丁寧に行い、臭みをしっかりと取ります。←※ここ重要

6.大きめの鍋にAをすべて入れて火にかけ、ふつふつとしてきたら、灰汁ぬきした牛すじ肉、こんにゃく、千切りしょうがを入れ、ふたをして約20分煮る。ふたを取って、煮汁がほとんどなくなるまで弱火で2~3時間煮込む。
7.しばらく冷まして味をしみこませる。
約3時間煮込んだ状態
約3時間煮込んだ状態。煮汁は少し残しておくと後の料理に使えます。(※写真は8人分で作ったものです)

8.お皿に盛って刻みネギを散らせば完成。
刻みネギを散らせば完成
小鉢に盛って、刻みネギとお好みで七味を少々。トロトロの牛スジとこんにゃくに、みんな大好き甘辛味がよくしゅんでいます。おろししょうがで作る場合もありますが、個人的にはしょうがのシャリっと感がアクセントになる千切りが好きです。ビールにももちろん合うのですが、なんてったって牛肉なので、赤ワインにぴったり! この日はボジョレーヌーボーと一緒にいただいちゃいました。

重要なので、もう一度言います。

「ぼっかけは赤ワインにめっちゃ合う!!」

ぼっかけをそのまま楽しんだら、プラス炭水化物メニューで、ぼっかけの魅力をあますところなく味わいましょう。さてさて、どんなお酒で楽しんじゃおうかな、ウフフ。
  • 1現在のページ
  • 2