話題の書籍「バターコーヒーダイエット」の監修者に聞いたダイエットの仕組みとノウハウ〈後編〉

バターコーヒーは、結局のところ、どのように体に働きかけてダイエットを可能にするのでしょうか。バターコーヒーダイエットを勧める書籍の監修やMCTオイルに関する著書などを通して、糖質制限や「ケトン食」による健康管理を提唱する医師・宗田哲男先生に、バターコーヒーダイエットの仕組みやその実践について、お話をうかがいました。

お話をしていただいたのは…

宗田哲男(むねた・てつお)先生【医師】

1947年生まれ。北海道大学理学部地質学鉱物学科卒。卒業後国際航業で地質調査などに従事した後、医師を志して1973年帝京大学医学部入学。卒業後は病院勤務を経て1992年千葉県市原市に宗田マタニティクリニックを開院。監修「MCTオイルをプラスでさらに効果的 ケトン体でやせる! バターコーヒーダイエット」のほか、著書に「最強の油・MCTオイルで病気知らずの体になる!」「ケトン体が人類を救う 糖質制限でなぜ健康になるのか」「『ケトン体』こそ人類史上、最強の薬である 病気にならない体へ変わる”正しい糖質制限”」などがある。糖尿病妊婦、妊娠糖尿病の糖質制限による管理で成果をあげている。

宗田哲男(むねた・てつお)先生【医師】

妊婦さんにも肉や卵、オイルのケトン食を推奨

──前回お話いただいたケトン食は、宗田先生のクリニックでも採用されているのでしょうか。

宗田 うちのクリニックでお産する妊婦さんたちは、みんなケトン産生食をお勧めしています。ケトン食は、糖尿病妊娠などの場合、ケトン産生食は、もっと緩やかな糖質制限の食事です。帝王切開は減っちゃうし、自然分娩は増えるし、妊婦さんもみんなうちに来て、糖質を摂らないようにして、お肉、卵をいっぱい食べて赤ちゃんを産んでいる。

妊婦さんにどんな説明をするかというと、ニワトリの卵です。ニワトリの卵って糖質ゼロなんです。それがヒナになるのに、妊婦さんがお腹の赤ちゃんのためにお米を食べる理由はないでしょうって言うと、みんな「ああ、そうですね」と納得します。

ところが今の日本の栄養指導は、お米を60パーセント食べなさいということになっているんです。でも妊婦さんの中にいる赤ちゃんは肉の塊で、3キロの赤ちゃんを作るために、たんぱくと脂肪がいっぱいいるわけ。

卵の黄身っていうのは、食べ物全部の中で、一番コレステロールが多いんです。コレステロールが多い卵からヒナができるわけです。コレステロールは悪者でしょうか? ヒナは健康でなく、心筋梗塞などになるでしょうか。違います。ヒナの細胞を作るのに、卵のコレステロールが必要なんです。

妊婦さんも実は妊娠後期に、普通の人は200のコレステロールが300になるんです。だけど、妊婦のコレステロールを薬で下げろという医者は一人もいません。妊婦に薬は飲ませられないからです。

私は分かりました。妊婦のコレステロールが高いのは、赤ちゃんの身体の材料だからです。赤ちゃんは脂肪とコレステロールをお母さんからもらって、ケトン体で自分の体を作っているのです。だから生まれた赤ちゃんもケトン体が高くて、脂肪だらけなんです。吹き出物もよくできるけど、できるのは脂ニキビなんです。赤ちゃんの体って、皮下脂肪が厚いんです。皮下の脂は全部、いい意味での脂肪なんです。炭水化物は赤ちゃんにありません。

赤ちゃんはお弁当と水筒を持って生まれてくるってよく言うんだけど、もしお母さんが運悪く倒れても、温度さえちゃんとあれば赤ちゃんは死なないんです。1週間くらい食べなくても、たぶん赤ちゃんには大したことないです。それぐらい体を守っています。だから卵の話をすると、たいていの妊婦さんは、お肉や卵を食べれば、炭水化物をいっぱい食べる必要がないということを納得してくれます。

MCTオイルは、妊婦さんに全員配っています。妊娠した10週くらいに。何がすごいってこのオイル、便秘しないんです。便がツルッと出るんです。これもそうなんだけど、これ多分、どんどん飲んでいる人は便秘しないはずです。オイルの持つ効果っていっぱいあって、多く飲みすぎると下痢するけど、ちょうどいい量だと、妊婦さんに多い痔や便秘も防ぐんです。

それから僕は、妊娠初期のつわりの人には、生クリームを勧めています。生クリームをホイップしないで、そのまま飲みなさいって。あれは飲むとドロッとしているので、吐きたくても吐けない。意外と入っちゃうんです。すると結構栄養があって元気なんです。だから、卵は鶏のいいとこ取り、生クリームは牛のいいとこ取り、そしてそういう動物性食品をうまく摂るとうまくいくんです。そんな話をいつも妊婦さんにしています。

ゾウやカバは、草しか食べないのに、みんな太っているでしょう? ところが、ライオンやヒョウは、肉を食べているのに太っていません。だから、穀物のほうが太るんです。これを言うと反対する先生もいます。ただ明らかなことは、この油の入ったコーヒーを飲んでいると痩せるということです。これに消費者が気づくと、バターコーヒーはますますヒットしてしまうと思います。
 

一流アスリートが使っているMCTオイル

──先生が著書も書かれている「MCTオイル」はどんなオイルなのでしょうか。

宗田 いまや、世界中がケトン体に注目しています。日本でも2016年の8月に、国立精神・神経医療センターの部長の功刀先生が、認知症ではない高齢の人に、MCTオイルを飲ませると、認知機能が上がるということを見つけ、論文で発表しました。MCTオイルというのは、ココナッオイルなどから精製する油です。さきほどのてんかん発作のケトン食も、ココナッツオイルやMCTオイルを使っているんです。

MCTオイルは、飲むとすぐにケトン体が上がるところが、ほかのオイルと違います。たいていのオイルは炭素の数が多い長鎖脂肪酸。MCTオイルのMはmiddleという意味で、Cがchainだから中鎖脂肪酸。私は中鎖脂肪酸は最強の油だという本も書いています。認知症、糖尿病、うつ病の予防になる。病気知らずのオイルです。

なぜ中鎖脂肪酸が体に良いのか。早くエネルギーになって使われてしまうからです。早くエネルギーになるということは、ケトン体になるのに一番早いということです。ケトン体というのは、ものを食べなかったり、油だけ取って米やパンを食べないようにすると出てきます。米やパンを食べると、ケトン体は消えてしまいます。

中鎖脂肪酸というのは、今までは相手にされなかった脂肪酸です。ほとんどの脂肪とは違うんですね。このココナッツオイルだけが、中鎖脂肪酸がすごく多かった。

中鎖脂肪酸は蓄えられません。すぐ使われるところが、MCTオイルの優れたところなのです。MCTだけが、すぐケトン体が出てくるんです。即戦力。だから、冷凍パック詰め宅配便のようなものが、MCTオイルです。体に入ったら、すくチンして食べられる。ほかのものは、いろいろなところで消化吸収しないといけないんだけど、簡易的に使えるところがいいところです。体に溜まらないんです。身体に入れ過ぎれば下痢しちゃいます。ちょうどいい量は人によって違いますが、MCTオイルは、すごいものだということがわかってきた。

今ではMCTオイルの研究も進んでいて、ココナッツオイルから一部のいいところだけを取るやり方も出てきています。炭素の数が多いのが長鎖脂肪酸、少ないのが短鎖脂肪酸です。中鎖脂肪酸は炭素が8個から12個なんですけど、そのなかから8個と10個の部分だけを取り出したMCTオイルというのもあって、いろいろなオイルの会社が挑戦しています。

 
──最近、著名人でもMCTオイルやバターコーヒーを飲んでダイエットしている人が多いとききます。

宗田 サッカーの長友佑都選手は、日本からイタリアに渡った当初、イタリアのパスタやドルチェが大好きでした。その結果、太って体の切れが落ち、成績が悪くなりました。セリエAのチームの監督たちは、選手にパスタを食べるなと命令するそうです。パスタを食べたら90分走れない。途中でお腹がすくんです。補給しなきゃいけなくなる。サッカーもマラソンと同じで長時間労働ですから。

それで長友選手は何をやったかと言うと、甘いものが好きだったけど、白い砂糖を断った。そして、血糖値の乱高下をしないような食事をしだした。糖質制限の本を何冊もむさぼり読んだそうです。そして、やがてケトン体をエネルギーにすることに気がついて、今はセミケトン食というのをやっています。主に肉食。MCTオイルも日本から取り寄せて、食事にかけて使っているそうです。このオイルのすごいところは、油がエネルギー源になるということです。長友選手がこんなことを書くものだから、一流のスポーツ選手たちが次々とケトン食を採り入れるようになっています。
一流アスリートが使っているMCTオイル

バターコーヒーがダイエットにいい理由

──先生が手作りされるバターコーヒーにも、ファミリーマートのバターコーヒーにも、MCTオイルが入っていますね。

宗田 バターコーヒーは砂糖を入れずMCTオイルを入れます。オイルを入れて飲むだけだから簡単です。では、バターコーヒーにバターは何で入っているかと言うと、これは、ひとつはバターの持つ豊富な栄養、それからおいしさ。実はMCTオイルって、においも味もないんです。だから、すごくいいオイルなんだけど、おいしくないし、まずくもないんです。魚の赤身にこれをかけるとトロになるし、みそ汁に入れると豚汁のようにすごくリッチになりますが、いまひとつ足りない。

「最強の食事」の著者が見つけたチベットのコーヒーは、おいしかった。おいしいっていうのは、我々が続けていくときに、一番大事なことです。いいもの、だけでは続きません。コーヒーが好きな人はMCTオイルだけでもいいのですが、もうひとつ上を行って、バターを入れたんですね。

──そしてバター。「最強の食事」でも先生の著書でも、グラスフェッドバターがいいとされています。

宗田 「最強の食事」のバターの入れ方が良かったのは、グラスフェッドバターを使ったところです。確かに、草を食べないで穀物を食べている牛のグレインフェッドバターが世の中の主流です。グラスフェッドは安いものでも4倍くらいの価格。だけどグラスフェッドバターというのは、香りも良くておいしくて、しかも不飽和脂肪酸が5倍くらい入っています。ともかく、栄養に満ちていて、風味があって味が良い。だからちょっと贅沢な価格なんです。

でもこの著者は考えた。朝食を食べずにコーヒー1杯だから、少しそこに贅沢をしてもいいじゃないかと。1キロ2000円もするバターだけど、1カ月分に割れば、1回数十円。朝食で卵2個にハムやウインナーを付けて食べている分を、コーヒーとオイルにもう1点だったら、ちょっと贅沢できる。そこでグラスフェッドバターという、おいしさと栄養価の多いものを足してミキシングしたんですね。

グラスフェッドバターは、風味もあっておいしいんです。バリエーションも楽しめます。あるときはMCTオイルだけを入れるやり方もあるし、あるときはバターだけを入れる手もあるし、あるときはコーヒーだけでもいい。いろいろやったほうが飽きずに、毎日続けられる。

バターコーヒーを飲んで、朝はコーヒー、昼もコーヒー、夜を肉食にすると、油を摂っているのに、体重がどんどん減っていきます。

バターコーヒーを取り入れたダイエットの仕組みの価値というのは、一つは、脂肪を使うことによって、ケトン体を使うことです。そして、今までは悪いものとされてきたケトン体が、最近、良いものだと分かってきたのと、流れが合っているわけです。

「最強の食事」の中に、まだケトン体という言葉は出てきませんが、僕の本ではケトンが出ることの価値を書きました。たぶん世界で初めてバターコーヒーとケトン体を語ったのです。バターコーヒーダイエットを実践している人のケトン体を測ると、上がっているんですね。それが起こるとお腹がすかない。お腹がすかないから、おいしいだけじゃなくてダイエットに役立つわけです。

太るのは糖質。要するに誤解っていうのはここですね。脂肪が太るという誤解。これが最大の誤解だと思います。インスリンの出ない飲料が待たれていた。バターやMCTオイルの入ったコーヒーが最適な飲料なわけです。

今、バターコーヒーの体験者が、私のFacebookにコメントを寄せてくれています。みなさん、おいしい、ちゃんと満腹感がある、飲むとほかのものを食べたくなくなる、と書いてくれています。ただのコーヒーでは満腹感はありませんが、バターとMCTオイルは腹持ちがいいから余計なものをあまり食べなくなります。それで体重計に乗ると毎日0.5kgずつとか減っているんです。

夜寝る前にご飯を食べないで肉だけ食べて体重を量って、朝起きてまた量ると体重が減っています。夜中に糖がないから体が糖を作るんです。糖は体に絶対必要です。赤血球は糖がないと動かない。絶対必要なものだから、食べなくても体で作れるようになっているんです。だから絶食してもしばらくは死なない。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!