歩いて楽しむ酒⑨ 食と酒のテーマパーク「FICOイータリー・ワールド」

レストランとショップを融合した「グロサラント業態」のトップランナー「イータリー」。2017年11月にボローニャにオープンした、食のテーマパークというべき「FICOイータリー・ワールド」をレポート!

メインビジュアル:歩いて楽しむ酒⑨ 食と酒のテーマパーク「FICOイータリー・ワールド」
イータリー(EATRLY)は、イタリアンフードの専門小売店で、最初の出店は2007年のトリノです。イタリア産フードだけを取り扱い、食と酒を学び、体験し、買える店づくりを進めた結果、レストランとショップを融合した「グロサラント業態」のトップランナーになります。そして、わずか10年でイタリア国内の店舗は20店を超え、世界に約40店の店舗網をつくりあげました。日本では東京に2店あり、ニューヨーク、ロンドン、パリ、トロント、ラスベガスなど世界の主要都市での出店も進めています。成長著しい同社が2017年11月にボローニャにオープンしたのが、食のテーマパーク「FICOイータリー・ワールド」(以下FICO)です。
 

世界最大オンリーワンの「食」売場

FICOの売場面積は約30,000坪、およそ東京ドーム2個分に相当します。8割がインドアの施設で、残り2割は農場や牧畜を再現した屋外施設です。日本でも同じくらいのサイズのショッピングモールはありますが、ファッション、靴、家電、ホームセンターなど多彩な業種が出店しています。食品だけでこれだけの売場を持つ施設は、おそらく世界でもここだけです。

所在地はイタリア北部の都市のボローニャ。エミリア・ロマーニャ州の州都で、ボローニャ大学はガリレオやダンテも在学した欧州最古の大学のひとつです。古くから交通の要所として栄え、今もミラノ、フィレンツェ、ヴェニス、ローマなど主要都市に特急列車で1~2時間で行けます。ただ、目玉になる観光資源がなく通過駅になりがちです。世界中から観光客が集まるイタリアで、同市の観光開発は長年の課題でした。また、ボローニャには周辺地域の拠点となる大きな果実・青果の市場がありましたが、大型量販店やイタリア生協による生産農家との直接取引が進み、梃入れが必要になっていました。

そこで浮上したのがFICOを建設し、イタリアの食文化振興の拠点とする構想です。イータリーとイタリア生協が共同出資して、イータリー・ワールドという運営会社を設立、ボローニャ市は旧果実・青果市場の建物と土地を無償に近いかたちで提供し、鉄道会社と旅行会社もパートナーとして参画、食育を担う機関として国からの支援もあると言います。イータリー側は出店する業者を選定し、FICOとしておこなうセミナーやイベントの推進、広報、マーケティングなどのスタッフ業務を担当するほか、売場の一画に他のショップと並列で出店した直営売場を運営します。
ボローニャはイタリアの真ん中。ミラノ、ヴェネチア、フィレンツェ、ローマにも直行できる交通の要衝
ボローニャはイタリアの真ん中。ミラノ、ヴェネチア、フィレンツェ、ローマにも直行できる交通の要衝
ショップの入る建物の周りにはイタリア野菜のサンプルが植えられていた
ショップの入る建物の周りにはイタリア野菜のサンプルが植えられていた
イタリアで昔から飼ってきた牛、ロバ、羊、鳥などを飼育する畜舎も併設
イタリアで昔から飼ってきた牛、ロバ、羊、鳥などを飼育する畜舎も併設
イタリアのワインの主要なブドウ品種が植えられた畑もあった
イタリアのワインの主要なブドウ品種が植えられた畑もあった
バルサミコ酢のショップには熟成工程を見せる展示。有料セミナーも人気
バルサミコ酢のショップには熟成工程を見せる展示。有料セミナーも人気
展示には昔のイタリアの米づくりの写真が。日本とあまりにも似た風景に目を疑った
展示には昔のイタリアの米づくりの写真が。日本とあまりにも似た風景に目を疑った

40の工場が出店する食&酒売場

イータリーの国内店舗での取扱商品を統括し、FICOの出店業者の選定をリードしたセバスティアーノ氏にインタビューすることができました。彼は「イタリアの食文化は世界中に普及したが、多くはイタリアの食材を使っていない。だからイタリアの食材を深く知ってもらいたい」と述べ、FICOのコンセプトは「どのように『製品(product)』になるかを実際に見て、素材がどこからきているのかを『説明(explanation)』し、その場で『飲食(eat)』して体験する」としたと言います。

FICOには、チーズ、加工肉、パスタ、ソース、フルーツ加工品、ドルチェ、オリーブオイル、バルサミコ酢、ワイン、ビールなどの伝統的な製法を守る生産者が、見せる工場とショップ、飲食の場を備えて出店しています。ブルワリーやワイナリーなどの加工工場は40にのぼり、飲食できる施設はテイクアウトだけの店も含めて45を数えます。 まさに食のテーマパークと呼ぶのにふさわしい内容でが、多くの人が気軽に来場できることを優先して入場料は無料です。
パルミジャーノレジャーノのショップは高級ブティックのよう
パルミジャーノレジャーノのショップは高級ブティックのよう
パルミジャーノレジャーノのショップのバーでワインとペアリング
パルミジャーノレジャーノのショップのバーでワインとペアリング
ハムのショップにはイタリア各地のハムが並び切りたてを購入できる
ハムのショップにはイタリア各地のハムが並び切りたてを購入できる
ボローニャハムの工房は製造現場をそのまま見せる
ボローニャハムの工房は製造現場をそのまま見せる

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!