「平成の酒」といえば? 割安なビール、クラフトビール、ウイスキーハイボール

酒文化研究所が酒好きモニターに聞いた、「平成の酒」とは?

メインビジュアル:「平成の酒」といえば? 割安なビール、クラフトビール、ウイスキーハイボール
平成の30年間でインターネットとスマートフォンが普及し、私たちの生活は様変わりしました。ネットで朝、注文した商品がその日のうち届くようになり、通勤電車で多くの人が見ているのはスマホです。SNSで普通の人が発信した情報が世界中で話題になり、現金がなくてもスマホがあれば支払いができるようになりつつあります。働き方も共働き世帯が増え、終身雇用が崩れ、残業をなくし有休を消化しろと大号令がかかっています。経済面では、失われた30年と言われて所得は増えずにデフレが進みました。日本は今、先進国の中で食事や酒がもっとも安価な国なのではないでしょうか。

酒は世の中を映す鏡です。時代が変われば酒も変わります。平成の30年間を代表する酒といったら、あなたは何を思い浮かべますか?
 

平成の酒アンケート「発泡酒・新ジャンル」が第1位

酒文化研究所の酒好きモニター約100人に「平成の酒といえば?」と聞いてみました。カテゴリー別の1位は、経済的な「第発泡酒・新ジャンル」で42%にのぼりました。平成6年(1994年)にサントリー『ホップス』が発売されると、発泡酒は瞬く間に市場を拡大します。後に新ジャンルに土俵を映しながら経済的なビール風飲料は支持を集め、今では国産ビール類の半分強を占めています。家飲みではビールといえば新ジャンルを指すことが当たり前になり、今年も本格的なリニューアルや大型新製品の投入が続きます。これまでのスタンダードな味わいに加えて、旨味とコク系とキレ系のカテゴリーで激しい争いが繰り広げられそうです。気軽に試せる商品ですから、ぜひ飲み比べてください。
「平成の酒は?」という質問に、経済的なビール風飲料の「新ジャンル」がトップに
「平成の酒は?」という質問に、経済的なビール風飲料の「新ジャンル」がトップに
新のどごし生と金麦
昨年はキリン『のどごし生』のリニューアル。パッケージに「新」を大きく書いて成功。今年はサントリー『金麦』が味をブラッシュアップしてリニューアル。裏ラベルでは「新しい金麦」を表示。缶に手書きメッセージは珍しい
本麒麟、金麦〈ゴールド・ラガー〉、麦とホップ
旨味とコクをアピールした『本麒麟』が大ヒット。今年はサントリーが赤いパッケージで『金麦〈ゴールド・ラガー〉』を発売、サッポロは『麦とホップ』をリニューアルして旨コク系で対抗
極上〈キレ味〉、マグナムドライ、本格辛口
アサヒは得意の辛口キレ系で『極上〈キレ味〉』を投入、サントリーは新ジャンルのキレ系で『マグナムドライ』を復活、サッポロは『本格辛口』で勝負をかける

第2位はクラフトビール

第2位はクラフトビールです。29%得票しました。こちらも平成6年の細川内閣のときにビール製造免許の規制が緩和され、中小規模でのビール製造参入が可能になったことが起点です。各地に地ビールブルワリーが誕生し、紆余曲折を経て10年ほど前からクラフトビールとして人気が復活、ビアフェスには熱烈なファンが大勢集まります。

クラフトビールにはさまざまな特徴がありますが、わかりやすいのはホップをたっぷり使っていることでしょう。一般的なビールの2~3倍、商品によっては10倍ものホップを投入します。苦みを強くしたい、華やかな香りを出したい、ホップの柑橘系の香りを強調したいなど、狙いによってホップの種類と量を加減し、製造工程のどこでホップを投入するかを工夫します。まずはホップ感の違いに注目して飲むことをおすすめします。
ネスト
いち早く海外に進出し日本のクラフトビールを牽引する『ネスト』。茨城の木内酒造が製造
和の彩り
問屋や小売店のオリジナル商品も増えてきた。『和の彩り』は赤(ペールエール)と白(ホワイトエール)の2種類。三井食品が企画販売する(製造は黄桜)
アンカー
クラフトビールはM&Aも盛んで、アメリカン・クラフトビールのパイオニアである『アンカー』は日本のサッポロビールの傘下
グランドレザーブ
ベルギービールのなかでも特別の存在である修道院ビールの『シメイ』。注目はビンテージで味わいが異なる『グランドレザーブ』

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

この記事で紹介された商品