意外と簡単! 日本酒がすすむ「かまぼこ」を手作りしてみた!

新鮮な魚さえ手に入れば、身近な道具や材料で作れる「かまぼこ」。コツやレシピも詳しく紹介するので、ぜひお試しください!

ライター:千鳥子千鳥子
メインビジュアル:意外と簡単! 日本酒がすすむ「かまぼこ」を手作りしてみた!
時間に余裕のある休日を利用して、普段はお店で買うようなおつまみをあえて手作りしてみようという「週末チャレンジ」企画。前回のソーセージに続き、今回挑戦するのは、プリプリの弾力がたまらない「かまぼこ」作りです。良く冷やした日本酒との至福のマリアージュをイメージしながら、レッツトライ!
 

参考にしたのは『かまぼこの絵本』



「絵本=子供向け」と侮るなかれ。頁をめくると、作り方だけでなく、かまぼこの歴史や種類、原料の魚についてなど、かまぼこについてのあらゆる知識が細かく丁寧に紹介されていて、読んでいるだけでも「へー!」と楽しめます。この本を読んでも分からないことは、ネット情報を頼りにします。

 

手作りかまぼこを成功させるための三箇条

絵本によれば、かまぼこ作りにあたって重要なポイントは3つ。同じ練り物なだけあって、前回のソーセージ作りの時と共通する部分もあります。
 

一. とびきり新鮮な魚を用意するべし
二. 0℃近くをキープしながら、魚をすり身にするべし
三. 高温で一気に蒸し上げるべし


 

まずは、手作りかまぼこに必要な新鮮な魚を買い求める

「とびきり新鮮な魚」を手に入れるべく向かったのは、築地場外市場。
築地場外市場

かまぼこは赤身の魚でもできるようなのですが、今回は白いかまぼこを作りたいので白身魚を探すことにします。しばらく歩いていると、品揃え豊富な魚屋を発見!
品揃え豊富な魚屋を発見
お店の方に聞くと、かまぼこには「スケトウダラ」や「タラ」、「イトヨリ」が適しているそうですが、あいにく今は旬ではないとのこと。

「ちょっと値は張るけどこれなら間違いない」と言っておすすめしてくれたのは、天然鯛。かまぼこにするのは気が引けるような高級魚です。なんと、300gの切り身で4000円…。思わず後ずさりするような値段ですが、背に腹は代えられません。ここは思い切ることにします。
天然鯛の切り身
きれいなピンク色~。今回私は鯛で作りますが、新鮮であればどんな魚でも良いようなので手に入る魚でどうぞ。
 

その他、かまぼこ作りに必要な道具と材料

フードプロセッサー、すり鉢、すりこ木、かまぼこ板
フードプロセッサー、すり鉢、すりこ木、かまぼこ板
昆布だし、塩、みりん、砂糖、片栗粉
昆布だし、塩、みりん、砂糖、片栗粉
使う道具も調味料もいたってシンプル。かまぼこ板は、近所のホームセンターで適当な木を13(縦)×6(横)×1(厚さ)cmに切ってもらいましたが、市販のかまぼこの板を取っておいて、再利用するのも手です。

魚を低温ですり身にするために、使う道具もあらかじめ冷凍庫で冷やしておきます。昆布だしも凍る直前くらいまでにしておいたほうが良いそう。
 
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3