「ビールを飲むまで水をがまん!」していませんか。〈老けない人は何を飲んでいる? ⑬〉

夜のビールを美味しくしたいから、午後は水をがまんする……実はこれ、カラダにかなり良くないのです。

メインビジュアル:「ビールを飲むまで水をがまん!」していませんか。〈老けない人は何を飲んでいる? ⑬〉

アルコールで水分補給はできません。さらに利尿作用も強力。

冷たいビールがおいしい季節がやってきました。気温が高くなると、少し動くだけで汗ばみます。さらに暑くなると、じっとしていても汗が流れでてきます。

こんな季節によく出会うのが、仕事帰りにキンキンに冷えた美味しいビールを飲むために、あえて日中、水やお茶などを飲まないでがまんするという人です。

でもちょっと待ってください。念のため申し上げておきますが、お酒は、水分補給になりません。時々、ビールで水分補給ができると勘違いされている方がいらっしゃいますが、それは不可能なばかりか、水分補給という点でみると、ビールはかえってマイナスに作用します。

お酒が水分補給にならない理由は、いうまでもありませんがお酒に含まれるアルコールの利尿作用です。ビールを1リットル飲むと、利尿作用で体の水分は1.2リットル失われるとも言われています。水分補給どころか飲めば飲むほど、カラダの中の水分が、どんどん失われていくということになりかねません。

水分を取りたいと身体が要求しているときにがまんするだけでも良くないのに、そこにビールが加わると、カラダはさらに悲鳴をあげることになります。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!