バーと上手に付き合うには【前編】<お酒のたしなみ入門⑤>

お店の「チャージ料」って、なんのためにあるのか? そんな話題を切り口に、バーテンダーの林伸次さんが「バーの選び方」「バーの楽しみ方」についてお話ししてくれました。

ライター:林 伸次林 伸次
メインビジュアル:バーと上手に付き合うには【前編】<お酒のたしなみ入門⑤>

チャージは「大人の社会の入場料」と考える

僕のお店bar bossaを開店するとき、「渋谷でボサノヴァを中心としたバーを始める」と、あるバー経営者の先輩に伝えたところ、「チャージ、もらった方が良いよ。渋谷で音楽だと若い人のたまり場になっちゃうから」と言われました。

「チャージ」みんな嫌いですよね。だから自分のお店では導入するつもりはなかったのですが、成功している先輩の言葉だったので、素直に従い「500円」チャージをいただくことにしました。これは成功しました(※現在はbar bossaではチャージを設定していません)。 というのは僕が開店した当時は「カフェブーム」で、bar bossaをカフェだと思って入る若い人が多かったんです。例えば学生の方が来店して、600円のビールを1杯注文して、1時間くらい音楽の話をして、彼がお会計の時に1000円札を用意しています。僕が「チャージが500円で、お会計は1100円です」って伝えますよね。その学生の方、びっくりして二度と来店しないんです。

バー経営者としましては、「チャージ500円なんて別に全然気にならない」って思っている客層を設定しているわけです。「500円のチャージが高い」と感じる学生さんのたまり場にはしたくないわけです。

例えば、銀座のバーは大体チャージが2000円です。カクテルも1500円くらいからです。カクテルを2杯飲んで、お会計が5000円です。でも、銀座のバーに通う人は「チャージ2000円を高い」と思っていないんです。そういう感覚の人たちが「集う」場所なんです。

だから、来ている客層が全然違います。有名企業の社長や作家なんかもたくさんいます。そしてあなたがもし、そういう銀座のバーに集う人たちと会話をしたかったら、逆に言うと、「2000円払えば知り合って話せる」んです。チャージってそういう、「大人のコミュニティ」に入っていくときの「入場料」なんです。

だから、あなたはバーを選ぶとき、「どういう層が集まるバーでお酒を飲みたいのか」というのを考えるべきです。もちろんチャージがない外国人が集まる立ち飲みバーが好きな方もいるでしょう。青山や麻布のチャージ1000円くらいの業界人が集まるバーで飲みたい方もいるでしょう。「チャージは大人の社会に入る入場料」です。
 
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!