語り出したら止まらない! ごまLOVER座談会

ごまを生業とするごま業界の方たちによって開催された“ごまLOVER座談会”を、「家飲みごま部」がレポートします!

ライター:家飲みごま部家飲みごま部
メインビジュアル:語り出したら止まらない! ごまLOVER座談会
多くの人が普段、何気なく食べている小さな食べ物、ごま。そのごまと仕事の中で日々向き合い、ごま愛を募らせていった方々による座談会が開催されました。ごま業界を盛り上げるべく顔をそろえたのは、ごま食品メーカーの方や原料としてのごまの輸入に携わっている方々。

では、ごま推しの面々による、弾みに弾んだごまトークをお楽しみください。読み終わる頃には、いい意味でごまのイメージが覆されるかもしれません!
 

業務の中で、ごまとどう関わっている?

藤岡 今日はお集まりいただきありがとうございます。司会進行役を務めます藤岡です。伊藤忠食糧の穀物油脂本部 食糧素材部 大豆・胡麻課に所属しております。よろしくお願いいたします。では皆さま、まずはお一人ずつ自己紹介からお願いします。


坂本 はい。私は株式会社真誠(しんせい)という食品メーカーで、企画チームのリーダーをしています、坂本と申します。当社は、ごま100%のすりごま、ねりごまといった商品や、ごまあえの素、ごまパウダー入りのきな粉などを製造している会社です。業務のメインは新商品開発ですが、基礎研究部門のリーダーも兼任していまして、ごまについての基礎的な機能性、どういった機能があるか、他にもっとアピールできるような作用がないかなどをチームとして研究して、もう10年くらいになります。


藤岡 じゃあ次は和泉さん、お願いします。

和泉 はい。伊藤忠食糧株式会社の穀物油脂本部、穀物油脂部、外食開発営業課で4月から課長をしています、和泉と申します。外食開発ということで、主にカフェチェーン向けに営業をしています。当社は原材料の会社なので、ごまを含めた原材料の提案が主ですが、当課は外食さんで販売する消費者向けの商品も納品しているので、穀物油脂本部の中でもちょっと違う観点で営業をかけています。


持田 みなさん「言わされている感」がすごくて、ちょっとわかりづらい(笑)ので、僕が和ませ役を兼ねて要約します(笑)。伊藤忠食糧株式会社の食糧素材部の持田です。伊藤忠食糧は商社なので、ごまなどを輸入して、真誠さんを筆頭にした需要家さんに販売するという仕事がメインです。でも和泉さんのセクションは、コーヒーチェーンでコーヒーと一緒に食べるドーナツやスコーン、ワッフルといった商品のレシピを組んで、提案するわけです。大手カフェチェーンが今年の初めにやっていたごまドリンクやスイーツの企画は、彼女がやっているんですよ。大変だったよね。


和泉 最初、国産のごまを使いたいというお話から始まったんですが、ごまの国産の割合って0.1%以下なんです。その自給率をお客様に説明したら、じゃあそれと同じ割合だけ国産を使いたいということになり、数パーセントだけ国産の、丹波産のごまを使用するということになりました。真誠さんにもお世話になりました。

坂本 会社のみんなで買って飲んでみましたが、女性陣にすごく人気でしたね。黒ごまとスイーツが合うのは分かっていましたが、うちではなかなかスイーツを販売することがないので、黒ごまをメインにしたスイーツドリンクは新鮮でした。ツイッターを見ても、若い子たちのおいしいという意見もけっこうあって、いいねって盛り上がりました。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3