お酒好き必読! 知られざる「ごまパワー」に迫る

各メディアをはじめ本サイトの人気連載コラム「老けない人は何を飲んでいる?」でもおなじみの管理栄養士・森由香子さんに、今回「家飲みごま部」が特別取材! ごまの魅力やカロリーについてのお話しなど、気になるごまのアレコレについてお聞きしました。

ライター:家飲みごま部家飲みごま部
メインビジュアル:お酒好き必読! 知られざる「ごまパワー」に迫る
「ごま=健康にいい」というイメージは、誰しもが何となくでも持っているのでは? 実際、あの小さな粒の中にたくさんの栄養素が含まれ、肝機能の強化やアルコール分解促進などさまざまな効果があると言われています。そんなごまの魅力について、イエノミスタイルでも健康コラムを連載している、管理栄養士・日本抗加齢医学会指導士の森由香子さんに「家飲みごま部」がインタビュー。カロリーや摂取量の目安など、気になるごまのアレコレについても答えてもらいました!


家飲みごま部とは?

ごまは元祖スーパーフードだった!

—ごま塩、ごまだれ、ごま和えなどなど、ごまは日本の食卓になじみ深い食品ですが、大昔から世界中で食べられていたようですね。

「数千年前に、原産地の熱帯アフリカから世界に広がり、日本では縄文時代後期の遺跡からごまが出土しています。日本でごまが食用として利用されるようになった背景には、6世紀中頃の仏教伝来が大きく影響しているという話ですね。仏教では動物の命を絶つ殺生が戒められているので、その代用として栄養価の高いごまを精進料理や懐石料理に使い、栄養をとっていたようです」

—古来の健康食、今で言うスーパーフードとして注目されていたんですね。具体的には、どのような成分がごまに含まれていますか?

「たんぱく質に脂質、食物繊維も若干入っていて、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン……いろいろな栄養素が入っています。ビタミンAが少なくて、ビタミンB12とビタミンC、ビタミンDがほとんど入っていない、くらいでしょうか。他の種実類に比べてもカルシウムは特に多く、カルシウム、マグネシウム、ビタミンKといった、骨粗しょう症予防の成分になる栄養素が比較的多く含まれているのが特徴的です」

—ごまというとセサミンのイメージが先行してしまい、カルシウムのイメージはあまりありませんでした。

「大さじ1杯のごまで108mgのカルシウムがとれます。カルシウムは1日650mg以上とることが推奨(30~49歳男女)されているので、大さじ1杯でその6分の1がとれるのは大きいですよね。1年に一度行われている国民健康・栄養調査で、日本人は毎年カルシウムの摂取が足りないという結果が出ているのですが、カルシウムって体内の知らないところで意外と活躍しているんです。例えば、アクの強い野菜やコーヒー、紅茶、緑茶などには、尿路結石の原因となるシュウ酸という成分が入っていますが、シュウ酸はカルシウムと結びつくとシュウ酸カルシウムになって外へ出ていきます。でも食事からのカルシウムが足りないと、シュウ酸が体の中に吸収されやすくなるので、尿路結石になりやすくなってしまいます。コラーゲンやビタミンCも、とりすぎると体内でシュウ酸になることがあるので、カルシウムは非常に重要です」

—他に重要な成分とは?

「抗酸化酵素の成分であるセレンも多いですね。遺伝子を傷つけて老化を早める活性酸素の毒性を消去してくれるので、アンチエイジングの効果も期待できます。抗酸化作用のあるビタミンEもあり、セサミンと共に働いて強力に活性酸素を取り除いてくれます。あとは脂肪酸ですね。ごまの成分の半分を占める脂質のほとんどが不飽和脂肪酸、特にオレイン酸とリノール酸が多いんです。コレステロールを上げにくい、と言われていますが、リノール酸についてはとりすぎるとアレルギーの発症につながったり、善玉と言われるHDLコレステロールまでも下げてしまうので、とりすぎには注意です」
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3