庄司いずみさん直伝! ごまプラスで、極旨ベジつまみ

本サイトでお酒がすすむベジつまみを紹介してくれている野菜料理家の庄司いずみさん。今回は「家飲みごま部」のために、ごまの美味しさを存分に生かした極旨ベジつまみを教えてくれました。

ライター:家飲みごま部家飲みごま部
メインビジュアル:庄司いずみさん直伝! ごまプラスで、極旨ベジつまみ
たとえば、ほうれん草のごま和えやナムル。野菜だけのヘルシーな一品なのに、ごまが入ることでぐんと風味豊かになり、ついお酒もすすむ美味しさになります。小粒ながらそんな頼もしい活躍をしてくれるごま。「家飲みごま部」としては、ごま和えだけでなく、いろんなごまプラス術を知って、もっと野菜を美味しく食べたい! 野菜でお酒を飲みたい! ということで野菜料理といえばこの方、本サイトでもベジつまみコラムを連載している庄司いずみさんに「ごま×野菜」の魅力と、お酒に合うおすすめごまベジレシピを教えてもらいました。

庄司「野菜料理をおいしく食べてもらうために、私がレシピづくりで大切にしているのが、『うまみ』『こく』『ボリューム』をいかに出すかということ。そこで頼りになるのが、ごまやナッツなどの食材です。ただナッツをふだん使いするにはコスパがちょっと気になりますよね。その点ごまは、私たち日本人にとって身近な食材ですし、価格的にもお手頃。『ごまかす』という言葉もあるように、野菜だけだと物足りない味を上手に補ってくれるんです。しかも粒ごま、すりごま、練りごまとあって、揚げ衣にしたり、サラダにかけたり、煮物に和えたりと、和・洋・中・エスニック問わずどんな料理にもなじむ懐の深さも魅力です。それにごまの栄養成分のひとつであるセサミンは肝臓の働きを良くしてくれるので、お酒好きの方には本当に嬉しい存在。ぜひ今回ご紹介するごまベジつまみで、体も喜ぶ家飲みを楽しんでください!」

「家飲みごま部」とは?

  
  \ビールに合う!/

じゃがいものごま揚げボール

じゃがいものごま揚げボール
庄司「じゃがいものすり下ろしに二色のごまを混ぜ、味もしっかりつけて揚げボールにします。フライドポテトとはひと味もふた味も違うおつまみです」

●じゃがいものごま揚げボール(16個分)

材料

  • じゃがいも 300g
    (フードプロセッサーにかけ汁気をしぼる)
  • 片栗粉 大さじ2
  • ▼(A)  
  •  ・白粒ごま 大さじ2
  •  ・柚子胡椒 小さじ1/2
  • ▼(B)  
  •  ・黒粒ごま 大さじ2
  •  ・塩昆布 大さじ2(8g・みじん切り)
  • 揚げ油 適量

作り方

  • じゃがいもをボウルに入れて片栗粉を混ぜる。
  • ①を半量ずつに分け、それぞれ(A)と(B)を混ぜる。
  • 一口大に丸め、熱した油で揚げる。
  • 1現在のページ
  • 2
  • 3

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!