コンビニ発・新ジャンルのニューカマー、ファミリーマートの「クリアモルト」に合うおつまみは?

家飲みの強い味方、新ジャンルにファミリーマート限定の新商品が登場。ビールと料理のマリアージュの専門家である長谷川小二郎さんが、「クリアモルト」とコンビニ・フードのおいしい組み合わせについて解説します!

ライター:長谷川小二郎長谷川小二郎
メインビジュアル:コンビニ発・新ジャンルのニューカマー、ファミリーマートの「クリアモルト」に合うおつまみは?

まずは「クリアモルト」をテイスティングします!

4月24日から、ファミリーマート限定の新ジャンルとして、「クリアモルト」と「クリアモルト糖質70%オフ」が発売された。これでコンビニエンスストア3強(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート)すべてに、限定発売の新ジャンルが揃った。
このジャンルの魅力はなんといっても、清涼飲料水並みの価格の低さ。かといって「安かろう悪かろう」というわけではなく、質は上がり続けてきている。低価格を実現するために限られた原料・製法のなかで造り続けられ、こういった厳しい制限が技術革新を生むことは歴史上よくあることである。ビールの世界では「ギネス」が生まれたきっかけが挙げられる。日本を代表するコンビニチェーン発の商品として、新ジャンルが出揃ったということは、そうしたビールを正当に評価すべきときが到来したと言える。
ところで、ビールと食べ物をうまく合わせて新しい味わいをつくり出すことを、私たちはワインの世界にあやかって「マリアージュ」と呼んでいる。今回は冒頭で挙げた「クリアモルト」「クリアモルト糖質70%オフ」を、同じお店、つまりファミリーマートで買える食べ物とのマリアージュを紹介したい。
合わせる前に、2つのビールの特徴を確認しておこう。
まずは「クリアモルト」をテイスティングします!

「クリアモルト糖質70%オフ」は、爽やかなホップの香りがほのかにある。味は、糖質を控えたというコンセプトの通り甘味は弱く、後味が非常にすっきりしている。
「クリアモルト」はそれと比べると、麦芽の香りが穏やかにあり、味は苦味より甘みがやや勝っている。後味はアルコール分6%にしてはすっきりとしていて、どんどん飲み進められてしまう感じである。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

「100%品種を当てられないワイン」現存最後のヴィンテージ 幻の白ワイン、待望入荷!残りわずか【お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!