新しくなった「よなよなエール」を飲んでみた。

名古屋の酒問屋イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回はこの秋20年の節目を迎え初のリニューアルとなった「よなよなエール」をご紹介します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:新しくなった「よなよなエール」を飲んでみた。

20周年の節目で初のリニューアル、生まれ変わった「よなよなエール」。

8月末の某日、「よなよなエール」の製造元のヤッホーブルーイングさんから「よなよなエール」リニューアルのご案内。20周年の節目を機に「クラフトビールの王道の味わい」を目指しブラッシュアップを図るとのこと。20年にして初のリニューアル、これはよなよなファンの私としては見過ごすわけにはいきません。10月中旬より順次切替ということなので、早速リニューアル後の商品を調達してきました。
20周年の節目で初のリニューアル、生まれ変わった「よなよなエール」。
で、リニューアル前(左)とリニューアル後(右)を並べてみました。デザイン的に変わった点は、“香りのエールビール”が“クラフトビール”になった点と、月の黄色と麦畑の緑色が鮮やかになった点の2点でしょうか、ぱっと見では気づかないかもしれません。
リニューアル前(左)とリニューアル後(右)を並べてみました
で、裏面は大きくリニューアルされています。左がリニューアル前、右がリニューアル後です。新しいほうは、なんかぐるぐるしておりますが、ホップを前面にブラッシュアップしたので飲んでみたまえ、と訴えているようです。ホップ中毒の私としては早く飲めと言わんばかりなので、お楽しみの試飲タイムです。
  • 1現在のページ
  • 2