うわさのバターコーヒーを自分で作って飲んでみた。

ベストセラー「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」(デイブ・アスプリー著)に影響されて、本のなかで「完全無欠コーヒー」(Bulletproof Coffee)として紹介されている「バターコーヒー」を自分で作って飲んでみました。とても美味しくできました!!

メインビジュアル:うわさのバターコーヒーを自分で作って飲んでみた。

バターコーヒーは道具と材料がいろいろ必要

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」に書かれていることを全部実践したらどうなるんだろう、ということはすごく興味があるんですが、味噌も豆腐も果物もダメとか、日本人にとってちょっとキビしい内容も多いので、とりあえず著者一押しの「バターコーヒー」だけは飲んでみようじゃないかと思い、イエノミスタイル編集部Yが自分でやってみることにしました。
バターコーヒーの材料と器具一式
コーヒーにバターを浮かべるだけならカンタンですわと思ったけど、ちょっと考えが甘かったかも。これがバターコーヒーの材料と器具一式です。コーヒーは金属フィルターの「フレンチプレス」で淹れます。バターはグラスフェッドバター。MCTオイル。これらを撹拌するブレンダー。初めてやろうとすると結構いろいろと必要なんですねこれが。
 

まずフレンチプレスでコーヒーを淹れる

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」では「金属のフィルターで淹れてコーヒーのオイルも飲むこと」と推奨
まずはコーヒーを淹れます。「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」では「金属のフィルターで淹れてコーヒーのオイルも飲むこと」と推奨しています。フレンチプレスは、コーヒーの油分も一緒に抽出できる金属フィルターの器具で、たまたまですが私も数年前に知人にもらったものを使ってます。確かにこれで淹れるとコーヒーは濃厚で美味しい感じがします。フレンチプレスは一度沸騰したお湯を入れて全体を温めてからお湯を捨てます(せっかくなのでそのお湯はカップを温めるのに使います)。
「カルディ」でブラジル(200グラムで695円、消費税別)を買って挽いてもらいました
コーヒーはミルを使って自分で挽けば本格的なのだと思いますが、ラクをして「カルディ」でブラジル(200グラムで695円、消費税別)を買って挽いてもらいました。フレンチプレス用に粗く挽いてもらうことが大事です。私は以前、ペーパーフィルターの時のように細かくしてもらっちゃったことがあって、それをフレンチプレスでやると「バリコピ」のような一味違うドロドロの飲み物になります。その時はもったいないので一袋分しばらく我慢して飲みましたが、本来の味ではありません。注意が必要です。
適量のお湯を入れます
適量のコーヒーを投入したら、適量のお湯を入れます。
4分間待ちます。フィルターはまだお湯には浸けません。
4分間待ちます。フィルターはまだお湯には浸けません。4分というのは時計を見つめてじっと待つには長すぎ、この空き時間を有効に使おうと思って何か他のことをやり始めるとコーヒーのことを忘れてしまうという絶妙な時間なので、キッチンタイマーを使うといいと思います。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!