【PR】話題のバターコーヒーをいつでも手軽に! ファミリーマートの挑戦

ベストセラー「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」(デイブ・アスプリー著)で推奨されてから欧米で大流行し、最近は日本国内でも愛好者が急増している「バターコーヒー」。このバターコーヒーが、先ごろコンビニエンスストア「ファミリーマート」のオリジナル商品として登場し、早くも話題となっている模様です。さっそく、ご担当者のもとに押しかけてお話をうかがってきました!

メインビジュアル:【PR】話題のバターコーヒーをいつでも手軽に! ファミリーマートの挑戦

「良い油を取り入れる」バターコーヒー。しかもおいしい!

株式会社ファミリーマートの商品本部 青木 寛さんと横田耕平さん
お話をしてくださったのは、株式会社ファミリーマートの商品本部 加工食品・飲料部付部長の青木 寛さん(写真左)と、同部チルド飲料・冷食グループの横田耕平さん(写真右)です。

—— ファミリーマートのバターコーヒーはどのような商品なのでしょうか。
青木 欧米では「良い油を取り入れて健康になろう」という考えかたがトレンドになっています。今回開発したバターコーヒーも、そこが出発点です。牧草で育った牛の牛乳から作られるグラスフェッドバターと、「中鎖脂肪酸」でできたMCTオイル、これらのオイルを手軽にいつでも摂取できるように開発したファミリーマートのオリジナル商品です。バターと聞くと高カロリーをイメージする人も多いと思いますが、この商品のカロリーは一本当たり157kcalで、いまコンビニで販売しているカフェラテのなかには160kcalを超えるものもありますから、バターコーヒーのカロリーが特別高いというわけではありません。

—— 味はどのようなものですか?
青木 はっきり言っておいしいです! 濃厚なのにすっきりとしていて、バターのコクを感じます。甘くないのにしっかり満足感があります。その満足感ゆえ、朝この一杯を飲むことで一日の食事量をうまくコントロールすることができれば、ダイエットにもつながるのではないかと思います。
 

担当者の実体験から商品開発がスタート

担当者の実体験から商品開発がスタート
—— どんなきっかけで開発がはじまったのですか?
青木 私はファミリーマートに来る前、バナナで有名なドールという会社で働いていました。ドールの商品にココナッツオイルがあったんですが、同僚に「これを毎日飲むといいよ」と勧められたんです。一緒に「ココナッツオイル健康法」(ブルース・ファイフ著、三木直子訳)という本も紹介されました。読んでみると、ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸が体にいいと絶賛しています。半信半疑だったんですが、とりあえず1カ月だけでもやってみようかと、毎日コーヒーに入れて飲みはじめたんです。そのころ私はコレステロールや中性脂肪が気になっていて、ココナッツオイルを飲んでかえって増えてしまったらたいへんなので、飲み始める前と、飲み始めてから1か月後の2回、血液検査をしました。そうしたら、その1カ月で中性脂肪や尿酸値が大きく改善してしまったんです。驚きました。

—— 運動を始めたりとか、他に変えた生活習慣はなかったのですか。
青木 何も。食事も普通にしていたし、お酒も普通に飲んでいました。あまりに値が変わったので、検査してくれた医師にも「何かした? 本当にそのオイルを飲んだだけなの? 本当だったらすごいね」と驚かれました。それで、良質なオイルが大切なのは本当ではないか、と実感するようになりました。そのあと、アメリカで出版された「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」という本のことや、そこで紹介されたバターコーヒーがアメリカのセレブリティの間で流行っているということを知りました。コーヒーに、グラスフェッドバターつまり牧草飼育のバター、それに私も飲んでいたココナッツオイルから抽出したMCTオイルを入れて撹拌して飲め、と書いてあります。私の実感ともピッタリ合うし、ちょうど東京に専門店もできたりして、バターコーヒーに大注目するようになったんです。この春に人事異動があってファミリーマートの加工食品・飲料部で働き始めたんですが、そこで競合チェーンや大手メーカーには真似できない、ファミリーマートオリジナル商品を開発しようと考えたときに、これはバターコーヒーしかない! と思ったんです。
 

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!