レアもの!? 碧南発のブレンデッドウイスキーを飲んでみた。

名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回は愛知県碧南市発のブレンデッドウイスキーをご紹介します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:レアもの!? 碧南発のブレンデッドウイスキーを飲んでみた。

碧南発のブレンデッドウイスキー「碧州」

碧南発のブレンデッドウイスキー「碧州」
サントリーの「白州12年」、「響17年」が原酒不足による販売休止の発表があったのもつい先日、国内でのウイスキー人気の高まりはとどまることを知りません。

そこで今回紹介するのは、愛知県西尾市にある相生ユニビオから4月に発売されたブレンデッドウイスキー「碧州(へきしゅう)」です。相生ユニビオはみりん、焼酎、清酒、ウイスキー、リキュールと幅広く手がける酒類メーカー。そのウイスキーの歴史は古く、代表商品である「レインボーウイスキー」は昭和30年代より製造しているそうです。そんな相生ユニビオからこの春、新たに発売されたのがこの「碧州」になります。

碧州は8年間樽熟成させたカナディアンウイスキーをベースに、スコッチモルト(12年間樽熟成)、アイラモルト(5年間樽熟成)などを、相生ユニビオ碧南蒸留所で独自にブレンドした長期貯蔵の所謂ワールドブレンデッドウイスキーです。

純国産ウイスキーというわけではありませんが、美味しいは正義だと思っていますので細かいことは抜きにして早速試飲タイムです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!