好きになったら止まらないアイラモルト

『さけ通信』は「元気に飲む! 愉快に遊ぶ酒マガジン」です。お酒が大好きなあなたに、酒のレパートリーを広げる遊び方、ホームパーティを盛りあげるひと工夫、出かけたくなる酒スポット、体にやさしいお酒との付き合い方などをお伝えしていきます。発行するのは酒文化研究所(1991年創業)。ハッピーなお酒のあり方を発信し続ける、独立の民間の酒専門の研究所です。

メインビジュアル:好きになったら止まらないアイラモルト
さけ通信

安芸の宮島で牡蠣にボウモア

しばらく前のことですが広島の厳島神社の参道で、焼き牡蠣の匂いに惹かれて立ち寄りました。焼き牡蠣とフライ、燻製のオイル漬けを注文してドリンクを見ると、なんとそこには『ボウモア』がオンメニュー! そう、アイラモルトの女王と言われる燻香と甘みのあるボディが特徴のウイスキーです。
▲宮島の牡蠣屋。軒先で殻付きの牡蠣を炙っている牡蠣の専門店
▲宮島の牡蠣屋。軒先で殻付きの牡蠣を炙っている牡蠣の専門店
▲ドリンクメニューにしっかり『ボウモア』
▲ドリンクメニューにしっかり『ボウモア』
▲オイル漬けは『ボウモア』ハイボール、カキフライはビールがうまい
▲オイル漬けは『ボウモア』ハイボール、カキフライはビールがうまい

浜辺に建つボウモア蒸溜所

ボウモア蒸溜所を訪ねたのはサッカーワールドカップ日韓共催大会の年ですから、もう16年も前になります。牡蠣の店で『ボウモア』を見て、蒸溜所を見学した後、すぐ傍のレストラン「ハーバーイン」で名物のオイスターのボウモアがけに舌鼓を打ったことを思い出しました。牡蠣にウイスキーをかけるなんて想像できませんでしたが、これがすこぶるおいしい。友達に紹介したいと思い、帰国してから仲間と試してみると何か違います。旅先ではあんなにおいしかったのにと思うことはよくありますが、気分だけではなく、アイラ島のオイスターは日本のよりもねっとりと濃厚で、品種も違えば育った海も違うからなのでしょう。いろいろ試してみて一番近いと思ったのは岩牡蠣、ボウモアの煙香がミルキーな味わいに溶け込んでなかなかのものでした。もうひとつおいしかったのは、三陸名産の生ほやの刺身です。『ボウモア』の力強い味わいは、磯の風味が強くコクのあるものとの相性がいいのだと思います。
▲ボウモア蒸溜所はアイラ島の中心部に位置する
▲ボウモア蒸溜所はアイラ島の中心部に位置する
▲ボウモア蒸溜所はアイラ島の中心部に位置する
アイラ島は淡路島と同じくらいの広さで8つのウイスキー蒸溜所があります。グラスゴーから小型飛行機で向かいましたが、着陸前に上空から見えた点在する白い蒸溜所の美しさを鮮明に記憶しています。
ボウモア蒸溜所は海岸に面しており、スコットランド最古のウイスキー貯蔵庫には波が打ち寄せ、常にしぶきがかっていました。アイラ島の蒸溜所の中ではもっとも古く1779年の創業、以来およそ240年にわたって伝統的な手法でウイスキーをつくり続けてきました。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!