家飲み文化部⑤ 文学の中の家飲みシーンを再現してみたら

内田百閒、村上春樹、向田邦子… 彼の文豪が描いた家飲みシーンとは? お酒もすすむ読書の秋をお届けします。

メインビジュアル:家飲み文化部⑤ 文学の中の家飲みシーンを再現してみたら
物語や随筆を読んでいると、時折軽妙で鮮やかな筆致で描かれた家飲みシーンに出くわすことがありませんか? 酒飲みにとってはそんな一文に出会ったが最後、どうしてもそのシーンが頭から離れず、自分も今すぐこれと同じお酒や肴を味わってみたいという強い衝動に駆られます。ということで今回は、文学の中の素晴らしき家飲みシーンを再現。本に書かれた文章を頼りにちょっとだけ妄想力も働かせながら挑戦してみます。

内田百閒の「おからでシャムパン」


内田百閒(1979)『御馳走帖』
中央公論新社


内田百閒は明治から昭和にかけて活躍した、夏目漱石門下の小説家・随筆家。不気味な幻想を描いた小説や、独特のユーモアセンスを効かせた随筆を多く執筆しています。大の鉄道好き・猫好きとして知られていますが、それと同じくらい食べること・飲むことも好きだったご様子。

随筆集『御馳走帖』には、幼い頃飲んだ牛乳の思い出から、飲酒歴、船の上で食べるカレーや夢に見るほど好きな饅頭のことまで、食や酒へのこだわりが細かく愉快に書かれていて、食いしん坊で飲兵衛だった内田百閒の人柄が伝わってくる内容です。

一方借金も多かったようで、今回紹介する「おからでシャムパン」の中にもその苦労が垣間見える一文が。おからをこぼさないようにそろりそろりと食べている文豪のチャーミングな姿が目に浮かびます。
 
盛つた小鉢から手許の小皿に取り分け、匙の背中でぐいぐい押して押さへて、固い小山に盛り上げる。おからをこぼすと長者になれぬと云ふから、気をつけてしやくるのだが、どうしても少しはこぼれる。その所為か、いまだにいろいろとお金に困る。 小皿のおからの山の上から、レモンを搾つてその汁を沁ませる。おからは安いが、レモンは高い。この節は一つ九十円もする。尤も一どきに一顆まるごと搾つてしまふわけではない。 ――中略―― それから暫く味附けに掛かる。淡味を旨とし、おからに色がつかない様に気をつける。その為に、いろんな物を入れて混ぜる事は避けるが、この頃はまだ去年の秋の新しい銀杏が手に入るので、大概いつも入れてゐるけれど、その外にはどんな物が適当か。 ――中略―― お膳の上のおからに戻り、箸の先で山を崩して口に運ぶ。山は固く押さへてあるから、箸の先に纏まつた儘で、ぼろぼろこぼれたりはしない。又レモンの汁が沁みてゐるので、おからの口ざはりもぱさぱさではないが、その後をシヤムパンが追つ掛けて咽へ流れる工合は大変よろしい。

内田百閒 「おからでシャムパン」
再現してみた!
スパークリングワインとレモンおから
本の中で指南されている通り、具はシンプルに銀杏だけにし、白だしと砂糖少々でごく薄味に仕上げてみました。レモンをギュッと搾って食べてみると、これまで食べた卯の花とは違うさっぱり爽やかな味わい! 百閒先生に倣ってシャンパンを、と行きたかったのですが、そんな贅沢をして借金を抱えるわけにはいかないので、ここはカジュアルなスパークリングワインで。それでもこのレモンおからとの相性は想像以上でした。特に銀杏のねちっとした食感と少しクセのある独特の風味が、泡のワインに意外なほど合います。銀杏が美味しいこの季節にぜひお試しください。

向田邦子の「母に教えられた酒吞みの心」


向田邦子(1985)『女の人差し指』
文藝春秋


テレビドラマの脚本家、小説家として活躍した向田邦子のエッセイ集『女の人差し指』。向田さんは、この本の中でも「本当は板前さんになりたかった」と書くくらい料理好き。そのうえ、飲むほうも「どちらかというとイケる口」だったようです。

このエッセイ集には、向田さんが1981年に航空機事故で亡くなる3年前に、東京・赤坂で妹と一緒に開いた小料理店「ままや」の様子も描かれています。自分で店を開いてしまうほど食べること・飲むことに好奇心旺盛。それには幼いころの食卓の風景が大きく影響しているようです。
酒吞みはどんなときにどんなものをよろこぶか、子供心に見ていたのだろう。父のきげんのいい時には、気に入りの酒のさかなを、ひと箸ずつ分けてくれたので、ごはんのおかずとはひと味違うそのおいしさを、舌で覚えてしまったということもある。 酒のさかなは少しずつ。 間違っても、山盛りに出してはいけないということも、このとき覚えた。 出来たら、海のもの、畑のもの、舌ざわり歯ざわりも色どりも異なったものがならぶと、盃がすすむのも見ていた。 あまり大御馳走でなく、ささやかなもので、季節のもの、ちょっと気の利いたものだと、酒吞みは嬉しくなるのも判った。

向田邦子 「母に教えられた酒吞みの心」
再現してみた!
向田邦子の「酒吞みの心」再現
向田さんの言う通り、季節感・色どり・山海の幸を意識して、お酒がすすみそうなさかなを並べてみました。秋刀魚の刺身、柿の白和え、里芋といかの煮物、小松菜と海苔のおひたし、秋ごぼうの胡麻和えの5品。と言っても自分で調理したのは、柿の白和えとごぼうの胡麻和えのみ。あとはスーパーで買ったお惣菜とパックのお刺身を盛りつけただけです。まったく手は込んでいませんが、豆皿や小鉢に少量を盛りつけると、なんだかそれっぽい雰囲気に。さすがに毎日この品数を用意するのは大変ですが、たまにはこんな風に家で小料理屋ごっこをしてみるのも楽しいかもしれません。
  • 1現在のページ
  • 2