まるで花のよう!?花酵母の日本酒を飲んでみた!

名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回は花酵母を使って造った日本酒をご紹介します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:まるで花のよう!?花酵母の日本酒を飲んでみた!

なでしこ花酵母を使った日本酒

私が住む名古屋もいよいよ梅雨入りということで、なんだかじめっとして気持ちも上がらない今日この頃。こういうときは爽快にビールといきたいところですが、今回ご紹介するのはそんな梅雨のいやな気分をハッピーにしてくれそうな花酵母を使用した日本酒、「奥の松 甘口純米」です。

日本酒の酵母というと熊本の9号酵母や長野の真澄の7号酵母、秋田の新政の6号酵母などの協会酵母が有名ですが、最近はワイン酵母を使用した日本酒造りや、花から分離させた花酵母を使用した日本酒造りなどの研究も盛んに行われています。今回ご紹介するのは後述の花酵母で、東京農業大学にてなでしこの花から分離したなでしこ花酵母です。
正直なところ以前は日本酒はかくあるべきみたいなスタンスだったので、花酵母のような所謂“変り種”酵母は邪道だと思っていたのですが、その多様な味わいの魅力にはまってしまい、今ではちょっとしたマイブームになってしまいました。(先日の日本酒ハイボールの記事でも1本セレクトしました)珍しい酵母を見つけると憂いワクワクしてしまいます、というわけで早速ですがお楽しみの試飲タイムです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!