【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

W杯観戦のおともに! 国産ウォッカを飲んでみた。

名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします!
今回は珍しい純国産のウォッカをご紹介します。

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:W杯観戦のおともに! 国産ウォッカを飲んでみた。

サトウキビから造った純国産ウォッカ

サトウキビから造った純国産ウォッカ
サッカーワールドカップ、盛り上がってますね! 連日連夜テレビにかぶりつき、寝不足でお仕事なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回、2018年大会の開催国はロシア。ロシアのお酒といえば、そうウォッカです。(ちなみにロシアでは本当は日本の皆様が抱いているイメージほどウォッカは飲まれていないそうです)

とまあ、展開がかなり強引ではありますが、サッカー観戦のおともには日本代表を応援するべく純国産のウォッカを飲みましょうということで、こちらのウォッカをご紹介したいと思います。


で、今回ご紹介するのは、前回ご紹介したウイスキー「碧州」を造っている相生ユニビオの純国産ウォッカ「碧の海~AO NO UMI~」です。「碧の海~AO NO UMI~」は、沖縄で栽培されたサトウキビをもとに蒸留したスピリッツを国産白樺炭で丁寧に濾過して造った、純国産にこだわったウォッカです。ウォッカといえば、ライ麦やジャガイモなどの穀物類を原料に造られるのが一般的ですが、こちらはサトウキビ由来の原料ということで、原料由来の甘さを活かした味わいに仕上げているそうです。これは味わいが気になるところ、というわけでお楽しみの試飲タイムです。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら