第1回「つまみになる駅弁を探せ!」選手権(東京駅編)

旅のお供に欠かせない「駅弁」。夏休みで旅行や帰省などで駅弁を買う機会も増える時期ですね。しかし、種類が多すぎて迷ってしまい、結局いつも同じもの…という人も多いとか。ならば! 美味しいのはもちろん「つまみ」として考えたときに最適な駅弁はどれか、本気で食べ比べしてみました。

ライター:nonnon
メインビジュアル:第1回「つまみになる駅弁を探せ!」選手権(東京駅編)

お酒好きによるお酒好きのための駅弁選び。審査委員はこのメンバー

「つまみ」駅弁選手権の審査員は「さけ通信」編集長、酒文化研究所の山田聡昭さん、バイヤーズレポートでおなじみの青田俊一さん、そして、「おつまみレシピ」のメニュー開発とコーディネートを担当しているフードコーディネーターの井上陽子さんの3名。それぞれの駅弁の好みは

山田: 飲むお酒、移動時間によって駅弁を選ぶ
青田: ご飯少なめ、おかず多めが好み
井上: 見た目の美しさ、サプライズがあるお弁当が好み
左から山田さん、井上さん、青田さん
左から山田さん、井上さん、青田さん
 

エントリーしたのは13種類

今回は「東京駅で買える」駅弁からチョイス。東京駅で売られている駅弁は300種類以上あるとか。その中から、「つまみになりそう」という目線で、肉系、海鮮系、幕の内系、定番系からそれぞれ3~4種類をチョイスしました。
 

ボリュームと食べ応えの肉系

ボリュームと食べ応えの肉系
1.「串くら焼き鳥弁当」1280円(税込)
京都に本店を構える焼き鳥店のお弁当。京都ならではの素材、技法にこだわっています。つくね、ねぎま、ももなど4種類の焼き鳥、生麩や万願寺とうがらしなどが入った大人の味。

2.「牛肉どまん中」1250円(税込)
山形県産米「どまんなか」をふっくら炊いたごはんの上に特製のタレで味付けした牛そぼろと牛肉煮をのせた、ボリュームたっぷりの駅弁。

3.「まい泉丸の内東京駅舎三階建て弁当」972円(税込)
東京駅限定の三段重ねの駅弁。まい泉の代名詞「かつサンド」、かつ丼、2色そぼろ丼の3種が一度に食べられるうれしいセット。
 

激戦の海鮮系

激戦の海鮮系
4.「ますのすし」1400円(税込) 
富山名物「ますのすし」。脂ののったマスの旨味を「押し」の製法でご飯に染み込ませているとか。ほどよい塩加減と笹の香りで食が進みます。お土産としても人気。

5.「えび千両ちらし」1300円(税込)
一見すると「玉子焼き弁当?」と思いますが厚焼き玉子の下から海老や鰻、穴子が出てくるサプライズ弁当。上品な味付けで人気急上昇とか。

6.「伝承 鯵の押し鮨」1280円(税込)
大正2年から販売されているという歴史ある駅弁。あじの半身を使い、伝統の合わせ酢でしっかりと〆ています。ていねいに作られた安定の味にファンも多し。

7.「深川めし」900円(税込)
あさりの出汁がきいたご飯に、煮穴子、あさりの煮もの、わけぎがのった、東京名物「深川めし」のお弁当。小なす漬、玉子焼きなど副菜もアクセントになっています。
 

やっぱり食べたい!幕の内系

やっぱり食べたい!幕の内系
8.「東京弁当」1650円(税込)
東京駅限定のお弁当で、セレクトの中では最高値。人形町魚久のキングサーモンの粕漬け、浅草今半の牛肉佃煮、築地・すし玉青木の玉子焼きなど、東京の老舗の味を詰め込んだ贅沢なお弁当。

9.「つまんでよし食べてよし酒肴弁当」1100円(税込)
その名の通り、合鴨スモークや炙り〆鯖、スモークチーズ、ポテトサラダなど酒のつまみにぴったりのおかずと押し寿司、巻き寿司などが入ったセット。

10.「神田明神下 みやび 懐石 花御膳」1200円(税込)
煮物、揚げ物、焼き物がすべて入った、これぞ幕の内という内容。一口サイズのご飯は、それぞれ違う味付けで食べ飽きません。
 

何度でも食べたい定番系

何度でも食べたい定番系
11.「チキン弁当」880円(税込)
1964年に発売が開始されたロングセラー駅弁。うす味のケチャップライスに、おかずは鶏のから揚げ、ポテトサラダ、スモークチーズ。シンプルながらバランスの取れた内容。

12.「崎陽軒のシウマイ弁当」830円(税込)
駅弁といえば、これ!という人も多い定番中の定番。1928年に売り出してから製法はほとんど変わっていないとか。シウマイ4個に筍煮、鮪照焼と全体的に茶色おかずが多く、酒のつまみとしては最適。

13.「だるま弁当」1000円(税込)
群馬県、高崎の名物「だるま弁当」。醤油味のご飯のうえに山菜きのこ煮、穂先竹の子煮、椎茸煮、鶏の八幡巻、こんにゃくなどの具材がぎっしり。ほっとする素朴な味わい。

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

お酒と食のセレクトショップ Izmic On the Table ソムリエが厳選した美味しいものを品揃え【詳しくはこちら】
グラスフェッドバターとMCTオイルを使用。毎日続けてカラダをサポート「バターコーヒー オリジナル」。そして、すっきりした甘さの「バターコーヒー スイート」が新登場!!