【マウントレーニア】25周年記念|マイスターズラテ抽選で50,000名様にプレゼント|ご参加ありがとうございました。終了しました

沖縄初! 泡盛メーカーがつくるクラフトジンを飲んでみた。

ますますアツいクラフトジンに沖縄発のブランドが登場!

ライター:青田俊一青田俊一
メインビジュアル:沖縄初! 泡盛メーカーがつくるクラフトジンを飲んでみた。
名古屋の酒類卸イズミックの青田が、いま注目のお酒の情報をバイヤー目線でお届けします! 今回は沖縄で初めて造られたクラフトジンをご紹介します。
 

南国ならではのクラフトジン

昨年に引き続きクラフトジンはまだまだマイブーム、というわけで今回はおひさしぶりになりますがクラフトジンレビューいってみます。今回で4回目となるクラフトジンレビュー、ご紹介するのは、あまりの暑さで気持ちがすっかりリゾート気分になってしまっているので沖縄のクラフトジン「まさひろ オキナワジン」です。
 
まさひろ オキナワジン
「まさひろ オキナワジン」は名前からも分かるとおり「泡盛まさひろ」の蔵元、まさひろ酒造が造るクラフトジン。 泡盛で培った蒸留技術と南国沖縄ならではのボタニカルを組み合わせて造られた沖縄で初めてのクラフトジンです。

このクラフトジンの特徴的なところは蒸留方法。通常ジンの蒸留には連続式蒸留機を使用しますが、こちらのジンは泡盛と同様に単式蒸留機を使用して蒸留しています。単式で蒸留するジンというとオランダジンが連想されますが、こちらのジンもその製造方法を参考に、泡盛製造に使うタテ型とヨコ型の2種類の異なる蒸留機の特製を活かした独自の方法で製造しているそうです。またクラフトジンといえば、その土地ならではボタニカルを使用するのも特徴です。その気になるボタニカルのほうは、ジンのベースであるジュニパーベリーに加え、沖縄ならではのボタニカルとしてシークヮーサー、ゴーヤー、グァバ、ローゼル、ピィパーズの計6種類のボタニカルを使用しています。シークヮーサー、ゴーヤー、グァバといえば沖縄の特産品として有名ですが、ローゼル、ピィパーズについては生まれて初めて耳にする単語でまったく味の想像もつきません。というわけでお楽しみの試飲タイムです。
 

この記事をシェアしよう!

この記事が気に入ったらフォローしよう!

サラダスムージーでマルチな「腸活」みんなの腸活レポート大公開!詳しくはこちら